日本の新しい経済大臣は、より多くの原子炉をグリッドに接続したいと考えています

日本の新経済大臣、西村康稔氏は、次のように述べています。 インタビューで来年夏に起こりうる供給不足に備えて、10基以上の原子炉を再稼働させたいと考えている。

これまでのところ、日本では、2011 年の災害後に原子力規制機関によって発行されたより厳しい規制に準拠した後、10 基の原子炉が設置されているコミュニティの承認を得て稼働しています。

原子炉の再稼働はエネルギー計画に反する

少し前に、日本政府は環境政策計画で、国の二酸化炭素排出量を削減しながら、国のエネルギーに対する渇望を満たすために、原子炉を最大限に活用することを発表しました。

しかし、この声明は、原子力エネルギーへの依存を可能な限り減らしたいという政府のエネルギー計画と矛盾している。

西村氏は、この冬の恐ろしい電力不足を回避するために、間に合うように 9 基の原子炉が稼働することを期待しています。

西村氏は、今後数か月でより多くの原子炉が確実に稼働するようにするために、政府は再起動の問題について地方自治体の理解と協力を確保する必要があると述べた。

同時に、大臣はまた、新しい原子炉の建設や古い原子力発電所の耐用年数の延長に関する憶測を抑制しました。

「現時点では検討していない」と西村氏は語った。

食べ物に関する家庭の問題

日本では、安全規制の強化により、ほとんどの原子力発電所が稼働していません。 近年は老朽化による火力発電所の閉鎖も相次ぎ、再生可能エネルギーの開発が進んでいません。

これにより、電力供給の問題が繰り返されており、最近では熱波が原因です。 政府は、停電がないように個人や企業に節電を繰り返し呼びかけており、節電を奨励するためのポイント制度を計画しています。

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。