NTP会議の結果が日本の首相に圧力をかける

今月の NTP (核不拡散条約再検討) 会議の結果は、世界を核兵器のない道に導くことを約束した日本の岸田文夫首相に圧力をかけています。

核兵器廃棄の拘束力のある期限は、実際には会議で設定されるべきですが、 ロシアは最終共同声明を阻止した.

岸田氏、NTP会議でロシアの封鎖に失望

岸田によると、東欧の国であるロシアは、ウクライナ侵攻について言及することに抵抗したため、NTP 会議の最終宣言を阻止した。

岸田氏は「ロシアの抵抗だけで合意に至らなかったことは極めて遺憾だ」と述べた。 「不拡散条約は世界の核軍縮と核不拡散の礎であるため、核兵器のない世界への唯一の現実的な道は、不拡散条約の維持と強化です。」

岸田氏は、8月1日にニューヨークで開催された会議の開会式で基調演説を行う最初の日本の首相になることにより、核軍縮のプロセスを前進させるために自分の役割を果たすことを約束した。

日本は核保有国が署名していないため、核兵器禁止条約に参加しないことを選択しました。 日本は安全保障を米国の核の傘に依存している。

日本政府は戦略を再考しなければならない

条約に参加する代わりに、日本の首相は NTP 会議に集中することを決定しました。

再検討会議の残念な結果により、日本政府は現在、核兵器のない世界のために具体的な成果を達成するための戦略を再考せざるを得なくなっています。

岸田氏が今後数カ月で直面する問題は、世界から核兵器を廃絶するという彼の取り組みにおいて目に見える結果を達成できるかどうかということです。

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。