省エネ:日本から学べること

福島原発事故により、日本は電力供給の大きな課題に直面しました。 停電を防ぐことができるのは、前例のない省エネ プログラムだけです。

2011 年 3 月 11 日午後 2 時 46 分、日本の東海岸で地球が揺れ始めます。 その結果、津波が発生しました。22,000 人の日本人が死亡し、470,000 人が避難しなければなりませんでした。 地震のもう 1 つの影響は、福島原子力発電所の炉心の溶融でした。


「何もしなければ大変なことになる」


福島の事業者である東京電力は、発電能力の約 40% を失いました。解決策が必要でした。 「省エネ」を意味する「節電」から始まったユニークな省エネプロジェクト。 災害後の数か月間、ショッピング モールのエスカレーターは閉鎖され、組立ラインの生産は最小限に抑えられ、有名なパチンコ ゲームセンターは閉鎖されました。

日本エネルギー経済研究所の田中浩一郎氏は「ロイター通信」に対し、「何かをしなければならない。そうしなければ、大惨事になる」と全会一致で語った。 大きな社会的圧力も一役買った、と田中は言う。


消灯 – サーモスタットが設置されています


実際、最悪のシナリオの停電は、本格的な省エネキャンペーンの開始でした。 何千人もの省エネルギーの専門家が学校、企業、家庭を訪れ、供給危機に対する意識を高めています。


州当局は良い例を示しています。日本の首都の公共の建物では、照明、エスカレーター、エレベーターの半分がオフになっています。 仕事の配分を改善するためにシフト勤務が導入されました。 企業はまた、エネルギーを節約するために独自の対策を講じています。たとえば、照明や使用されていないエレベーターの電源を切りました。 サーモスタットが上げられ、従業員は気温が高いときは軽い服を着るように頼んだ. これは、政府の「クールビズ」キャンペーンを反映するものでした。

自動車メーカーの日産は、電力網への負担を軽減するためにシフト勤務を再編成しました。 ローソンの店舗チェーンは、従来の電球から LED に切り替え、店舗の屋根にソーラー パネルを設置しました。 米国最大の電子機器チェーンである Big Camera は、さまざまな支店でテレビの 90% 近くをオフにしました。 まばゆいばかりのネオンサインが消され、営業時間が制限され、店舗の照明が減り、東京は半暗闇に陥りました。


それは何かをもたらしましたか?


調査と統計によると、2011 年の電力消費量は 2010 年より 6% 減少したと結論付けられています。計画的な停電のため、すべての節電対策が自発的であったわけではありませんが、研究者は、集合的な節電がまさに停電を防いだと考えています。 九州大学の政治学者ロバート・リンドナーは、 論文 自主的な緊縮策の大成功。 さらに、対策は持続可能であったため、超崩壊後もエネルギー消費量は 2010 年の値を下回りました。


オーストリアは何をしている?


今年の 5 月、日本政府は人々と企業にエネルギーを節約するよう呼びかけました。ピーク時には 15% のエネルギーを節約する必要があります。 オーストリアでは自分のことをあまり考えていません。 たとえば、エネルギー大臣の Leonore Gewessler (緑の党) は時速 100 km に反対し、主に自発的なエネルギー節約に頼っています。 節電キャンペーンは秋までに開始されません。 エネルギー危機を考慮して、カロライン エドスタドラー首相 (ÖVP) も最近、人々に「生命に対して個人的な責任を負う」よう呼びかけました。

オーストリア人はボランティア活動に頼っています


この「戦略」が機能するかどうかは、おそらく秋か冬になって初めて明らかになるでしょう。 あ リンツ市場研究所による調査 いずれにせよ、オーストリア人の 28% が将来、冬に室温を 1 ~ 2 度下げたいと考えているという結論に達しました。 ちなみに、多くの回答者は、提案された対策はすでに実施されるべきであるとの意見であり、51% が冬または夏に個々の部屋を冷暖房しないと答えています。 42% はすでに車での移動を減らすと回答し、40% は短時間で冷たいシャワーを浴びる予定です。 また、ほぼ 4 分の 3 (73%) が、措置の自発的な性質に賛成しています。

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。