東京でコアインフレ率が上昇

8月の東京のコアインフレ率は2.6%上昇し、8年ぶりの最速ペースとなった。

データ 日本政府 日銀の目標である 2% を 3 か月連続で上回っていることを示しています。 東京の数字は国家発展の指標と考えられています。 エコノミストは、変動の激しい生鮮食品を除くコア CPI が年末までに全国で 3% 以上上昇すると予想しています。

日銀の目標である2%を上回るコアインフレ率

総務省によると、東京のコアインフレ率は最後に 2014 年 10 月に 2.6% 上昇しました。消費税の引き上げの影響を除けば、これは 1992 年 6 月以来最大の上昇です。 東京では、12 か月連続で消費者物価が上昇しました。

エネルギー価格は、前年に比べて 25.6% 上昇しました。 生鮮食品を除く食品価格は 3.8% 上昇し、日本企業がより高いコストを転嫁することを計画しているため、今後数か月でさらなる価格上昇が予想される、とエコノミストは述べた。

超低金利政策の継続

インフレ率の上昇により、日本銀行が超低金利政策をすぐに放棄する可能性は低い. 理事会メンバーは、最近の急増は一時的なものであり、資源の乏しい国の経済を支えるために金融緩和が必要であると考えています。

日銀のハト派的スタンスは、米国連邦準備制度理事会 (FRB) や欧州中央銀行 (ECB) などの他の中央銀行とは対照的です。これらの中央銀行は、急激なインフレを食い止めるためにすでに利上げを行っています。

日銀の中村豊明理事は、今は利上げの国際競争に参加する時期ではないと述べ、日銀は緩和的な金融政策に固執することで賃金の伸びを刺激すると付け加えた。 .

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。