日本:当局は若者に飲ませたい

ウィーン、8 月 18 日 | この国では、若者の飲酒不足が経済問題になることはあまり考えられませんが、日本では実際に現実です。 「ジャパンタイムズ」が報じているように、日本の税務当局はキャンペーンでこれに対抗したいと考えている。 このキャンペーンは、後に経済を復活させるために、若者がアルコール消費を受け入れられるようにすることを目的としていると言われています。

高齢化とコロナの影響

世代交代、人口動態の変化、そしてコロナ禍により、日本人のアルコール消費量は大幅に減少しています。 世界の多くの地域と同様に、若い世代は前の世代よりも飲酒量が大幅に少なくなっています。 世界保健機関 (WHO) によると、2018 年の日本の純アルコールの 1 人あたりの年間消費量は 8 リットルでした。

ちなみに、オーストリアでは同じ年に12リットル、チェコ人はさらに多く飲んだ14.5リットルでした。 この世代間の意識の変化により、日本ではアルコール飲料からの税収が減少しています。 1980 年には、アルコールは税収の 5% を占めていました。 しかし、2020年のコロナイヤーでは、この数字は1.7%に低下しました. 日本の税務当局によると、政府は慢性的な財政赤字と GDP の 2 倍以上の総負債を抱えています。

お酒を持ってきて!

この機会を記念して、税務当局は 20 歳から 39 歳までの飲酒を奨励する全国的なアイデア コンテストを開始しました。 斬新なキャンペーン『酒ビバ! アルコールのイメージを回復し、トレンドを逆転させることを目指しています。 大会主催者によると、アルコールの売り上げが落ち込んだのは、コロナ禍に加え、少子高齢化の影響もあるという。 参加者は 9 月までにアイデアを提出する必要があります。 最良の計画は専門家の助けを借りて最適化され、11 月に発表されます。

アルコール飲料の人気の低下に対抗するためのマーケティング活動は、これが初めてではありません。 すでに年の初めに、税務当局は「Enjoy Sake!」プロジェクトを立ち上げました。 アルコール飲料の販売を促進する方法を探しました。 しかし、主催者は、新しいプロジェクトが家での飲酒を奨励する計画も立てることを望んでいます. 人工知能と「メタバース」を活用して販売方法を研究する。

不健康な対策

しかし、日本のメディアは、特にティーンエイジャーや若者向けのアルコールなどの中毒性のある物質の宣伝について意見が分かれています。 Financial Times によると、日本の厚生省は Alko プロジェクトの組織化に関与していませんでした。 健康上の問題を避けるために、アルコールの慎重な消費が奨励されることが期待されます。

(注)

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。