日本の消費者物価は7年以上で最大の上昇を記録

日本のコア消費者物価は 7 月に 6 月から 2.4% 上昇し、7 年半ぶりの高値となった。

日本政府データ 不安定な生鮮食料品を除くコア消費者物価指数が11日連続で上昇したことを示しています。

消費者物価が最後に上昇したのは 2014 年 12 月

前回消費者物価がこれほど大幅に上昇したのは、消費税増税の影響で 2014 年 12 月でした。

主要インフレ指標は、ロシアによるウクライナ侵攻後の原油価格の上昇と円安により、日銀の目標である 2% を 4 か月連続で上回りました。

エコノミストは、日銀が金利政策を変更しないと予想しており、インフレ率の上昇は短期的な影響にすぎないと考えています。

食品価格は 3.7% 上昇し、2015 年 3 月以来最大の上昇となった。ガスや電気を含むエネルギー価格は、前年比で 16.2% 上昇した。

ガスの価格は 24.3% 上昇しました

灯油は同19.6%、ガソリンは同8.3%と月々の上昇幅が鈍化。 ガソリン価格は前年比24.3%値上がりした。

広報担当者は、消費者物価指数の上昇の主な要因として、食品とエネルギー価格の高騰を指摘しました。

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です