日本の原子力規制当局が福島第一原発の水の放出を承認

日本の原子力規制庁は金曜日、福島第一原子力発電所からの汚染水を海に放出する計画を承認した。 5 月に当局は、提出された計画をすでに承認していました。

日本政府と発電所運営会社の東京電力 (TEPCO) は、来春、福島県の太平洋岸から約 1 km 離れた場所で放水を開始したいと考えています。 水には許容限界以下の除去が困難なトリチウムが含まれており、さらに希釈されています。

原子力規制庁は海への放出に問題はないと見ている

東京電力は、発電所のある地域の承認を得た後、尾鉱施設の建設を開始する予定です。 しかし、日本の漁業界は、漁業のイメージが損なわれることを恐れて、この計画を拒否しています。

中国と韓国もこの計画に抗議している。

東京電力は昨年12月、原子力規制庁に対し、トンネルを通じて海水を海に流すよう正式に要請した。 転用には数十年かかると推定されています。

原子力規制庁は5月、希釈プラントの仕様と処理水の放流停止方法を承認した。

規制当局は、計画に関する意見を表明する一般市民から約 1,200 のコメントを受け取りました。

提案の 1 つは、規制当局が計画の安全性を一般に明確に説明することです。 もう 1 つの提案は、B. 貯蔵タンクの拡張、敷地の拡張などの代替案があるべきであるというものでした。

韓国と中国が再びデモ

規制当局による計画の正式な承認を受けて、韓国政府は招集された会議を開催し、国民の健康と安全が最も重要であるため、可能な限り最善の措置を講じることを強調する声明を発表しました.

日本政府は「韓国の専門家が、国際原子力機関(IAEA)が主導する計画埋立地のモニタリングに参加している」と述べた。 さらに、政府はIAEAと協力して、科学的かつ客観的なレビューが行われ、汚染された水が国際法と基準に従って処理されるようにしたいと考えています.

中国も再び抗議した。 外務省の王文彬報道官は記者会見で、日本がすべての関係者の懸念を無視するのは非常に無責任だと語った。

彼は、提案された排水の環境への影響、日本のデータの信頼性、および洗浄装置の有効性に関して、多くの疑問が提起されたことを指摘しました。 さらに、日本政府は、中国とロシアが共同で提出した技術的な問題のリストに引き続き対応することが期待されています。

「日本が危険な決定を主張するなら、間違いなくその無責任な行動の代償を払い、歴史的な汚点を残すだろう」と王は警告した.

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。