日本での週 – 15.08. 19.08まで。

週末がやってきました。ここ数日の出来事を一緒に振り返ります。 日本を動かしたのは?

今週の議論の主なトピックの 1 つは、食料価格です。 日本の予算はますます圧迫されています。 エネルギー、商品、食料価格の上昇は、輸入に依存するこの国にますます影響を及ぼしており、円は弱体化しており、経済は全体的に予想よりもゆっくりと回復しています。 これに関連して、日本の岸田文夫首相は現在、インフレ対策パッケージの準備を命じています。 最近上昇している小麦価格の安定化にも特に注意を払う必要があります。

圧力を受ける政府

安倍晋三の葬儀の日が刻々と迫り、国民の不満は日に日に増している。 政府は大規模な国葬を計画しており、その費用は約2億円(約140万ユーロ)と見込まれている。 しかし、日本の多くの人々が与党自民党が安倍をめぐる個人崇拝以上のものを作ろうとしているのではないかと恐れているため、この計画は依然として物議を醸している.

政府が計画している安倍首相の国葬に抗議するため、火曜日に1,000人以上が東京の街頭に繰り出した。

同様に、日本政府といわゆる統一教会との結びつきについてのレトリックは依然として激しい。 岸田首相が命じた調査は、政府の少なくとも20人のメンバーが現在、宗派との関係を認めていることを意味します。 これは、岸田内閣の7人のメンバーにも当てはまります。

日本では、統一教会は正式に世界平和統一家庭連合と呼ばれています。 頑固な反共産主義者によって設立されたこのグループは、集団結婚と「スピリチュアルセールス」で批判されてきました.

「スピリチュアルな」アイテムの取引は、人々がそれらを購入するように多くの圧力を受けることが多いため、問題があります. 今週初め、日本政府は「スピリチュアルセールス」に対してより多くの行動をとる意向を発表しました。

今週は外交政策においても多くのことが行われました。 韓国の尹淑烈(ユン・ソクヨル)大統領は演説で、韓国と日本は歴史的な違いを克服し、将来的により良く協力して、地域と全世界の平和と繁栄に共同で貢献しなければならないと強調した。

一方、日本と中国は、台湾をめぐる緊張にもかかわらず、建設的で安定した関係を構築するために対話を継続することに合意した。

今週は他に何がある?

アニメ、マンガ、電車のファンにとってはエキサイティングな 1 週間でした。

まもなく佐賀県を通過する新幹線が導入されました。 大人気サイクルアニメ「弱虫ペダル」のキャラクターがプロモート。 大規模な広告キャンペーンはすでに波紋を呼んでおり、2023 年 3 月末まで続くと予想されています。

また、六本木美術館での日本最大級の「美少女戦士セーラームーン」展が正式に開館した。 展覧会は、多数の展示に加えて、さまざまなビデオが提示されるマルチメディアイベントです。 ここで特にエキサイティングなのは、展示品が定期的に変わることです。 したがって、展示会を数回訪れる価値があります。

最後に、全国のマンガファンに朗報です。 日本最大の出版社の 1 つである少年ジャンプは、漫画シリーズの海外ファン向けの大きな革新を発表しました。 2023年から、出版社のすべてのオリジナルシリーズは、少年ジャンプ+のウェブサイトにオリジナルの日本語と英語で同時に掲載されます.

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です