円安は日本の不動産市場を外国人投資家にとって魅力的にする

円安により、日本の不動産市場は外国人投資家にとって魅力的なものになりました。 多くの人が不動産を安く購入し、それを高値で売ります。

多くの不動産会社は、現在、米国、中国だけでなく、東南アジアや中東からもますます多くの問い合わせを受けています。 ほとんどの投資家は、初めて日本の不動産に投資したいと考えています。

投資家から不動産会社への依頼が増えている

日本の不動産情報を中国語で提供するサイト「神居妙軒」では、 4月から6月にかけてリクエストが増加しました 前四半期と比較して 20% です。

需要の増加は円安と一致している。 日本の通貨は 4 月にドルに対して約 130 ポイントまで下落し、6 月に再び下落しました。

このサイトに掲載されている日本の不動産価格は、過去 7 年間で円換算で 10 ~ 30% 上昇していますが、最近の日本の通貨の切り下げにより、人民元では下落しています。

同サイトの主な利用者は30~40代の中国人で、サイト運営者によると、そのほとんどが現金でワンルームマンションを購入する。

同じく海外投資サイトのリアルエステートジャパンにも、1月から2月にかけて月間200件程度の問い合わせがあった。 その間、申請件数は2倍以上に増えました。

日本の住宅価格は上昇し続ける可能性がある

東京や大阪などの主要都市の物件が特に人気ですが、北海道や沖縄などのリゾート地も注目されています。

多くの外国の中央銀行が金利を引き上げる中、日本銀行は低金利政策を維持しているため、円はさらに下落する可能性があります。 これにより、日本の不動産価格がさらに上昇し、日本人にとって不動産の購入がはるかに高価になる可能性があります。

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。