円安にもかかわらず、日本の中央銀行は利上げに消極的 | 新着

東京(ロイター)-米国、ユーロ圏、英国の中央銀行とは異なり、日本の中央銀行は超緩和的な金融政策に固執しています。

中央銀行は金曜日、東京での 2 日間の会合の後、借入コストを「現在またはそれより低い」水準に維持する必要があると述べた。 その結果、彼は短期金利を 0.1% 未満に維持し、10 年国債の利回りを 0% 前後に維持したいと考えています。 しかし、現地通貨である円の価値が急激に下落しているため、物価動向が経済に与える影響を「注意深く監視する」必要があることも強調されました。 日銀の黒田東彦総裁は「最近の急激な円安で先行き不透明感が増し、企業の事業計画策定が難しくなっている。 「したがって、経済にとってマイナスであり、望ましくない」

金利決定後、円は対ドルで1.7%も下落した。 日本とその他の国との間の政策の相違が拡大したことで、通貨は 24 年間で最低水準にまで押し上げられました。 これは、すでに上昇している輸入コストが通貨安で上昇し続けると予想されるため、消費を抑制する恐れがあります。 円安の理由は、米国連邦準備制度理事会などの他の主要中央銀行が、高インフレとの戦いで主要な金利を積極的に設定しているか、少なくともそうしていることを示唆しているためです。 これにより、円は投資家にとって魅力的ではなくなります。

日興アセットマネジメントのアナリスト、ジョン・ベイル氏は「インフレのリスクは構造的なものではなく、米国や欧州よりもはるかに低いため、日本では大きく異なる」と述べた。 「そのため、金利や債券利回りを引き上げる必要性は低くなります。」 さらに、中央銀行は、2007 年の過ちを繰り返さなかったと非難されないように細心の注意を払っています。

中央銀行はジレンマに直面しています。 現在、日本の物価上昇率は欧米諸国に比べて約2%低い水準にあることから、コロナ禍で依然弱い経済を低金利で支えることに注力している。 これが円安の引き金となり、燃料や原材料の輸入に大きく依存する経済に打撃を与えた。 一方、通貨安は日本の輸出業者を助け、価格競争力を高めます。 日銀の黒田総裁は「円安を利用している企業にとって、投資と人件費を増やすことが重要だ。

(レポート: Leika Kihara、執筆: Rene Wagner、編集: Sabine Ehrhardt – ご不明な点がございましたら、編集チーム (berlin.newsroom@thomsonreuters.com) までお問い合わせください。

Elite Boss

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。