元のサイズに戻る? 最も興味深い3つの日本株 | 04/08/22

日本は日出ずる国であるだけでなく、世界第 3 位の経済大国でもあります。 しかし、ここで見つけられるのはどの企業、そして何よりもどの株式でしょうか? そして、日本への投資はそれだけの価値があるでしょうか? ジョン・ウェルター

日経225

日本の主要な指数は日経 225 であり、一見、欧州の指数と比較していくつかの特徴があります。 時価総額の代わりに、ここでの重み付けは株価に基づいています。 しかし、部屋の明らかな象は、もちろん、価格性能です.

1980 年代には、日本株を取り巻く極端な誇大宣伝がありました。これは、他の不健全な強気相場と同様に、ある時点で混乱に陥る運命にありました。 先行指数は依然として1989年以来の最高値を下回って取引されており、30年以上後に投資家を黒字に戻すには、さらに45%上昇する必要があります.

さらに、日本には他にも多くの問題があり、広大な市場への投資の魅力を低下させています。 日本経済は、国の人口動態によって大きな打撃を受けています。 ゴシップでは、ドイツでも将来、同様の年齢分布になるとさえ主張しています。 居住者の年齢の中央値を見ると、問題がさらに明確になります。

●ベトナム 32.5歳

●アメリカ:38.1年

●ドイツ:45.7年

●日本:48.8年

日出ずる国は、現在も将来も高齢化が大きな問題となっています。 しかし、それだけではありません。 日本はまた、巨大で複雑な官僚機構と、増え続ける改革の未処理分に苦しんでいます。 したがって、広大な市場に投資するのではなく、群集の中から個々の企業を選ぶ理由がいくつかあります。

誰もがこのリストで日本からの最初の興味深い株を知っています. 任天堂は、有名なマリオ、ソニック、ポケモン、および子供と大人が毎日楽しんでいる他の多くのゲーム シリーズの作成者です。 しかし、ゲーム開発者は常にコンソール分野で活躍しており、最初のゲームボーイを作成し、現在、よく知られ売り切れの多い Nintendo Switch とともに市場に出回っています。

機会:

任天堂にとってのチャンスは、明らかに現在の有利なバリュエーションにあります。 同社はほぼ無借金であるだけでなく、その価格も収益の 15 倍です。 2021 年から 22 年の売上高の伸びはわずかにマイナスでしたが、過去 4 年間の伸びは年間約 43% でした。

リスク:

ただし、すべてのゲーム会社と同様に、任天堂も製品の失望のリスクを冒しています。 それが CD Projekt のような単一のゲームであろうと、技術基準との完全なつながりの欠如であろうと、過去に、ゲーム プロデューサーが特定のリスクにさらされていることが十分に明らかになりました。

別の興味深いタイトルは、世界最大の自動車メーカー、トヨタのタイトルです。 時価総額は 2250 億ユーロで、日本で最も価値のある株式でもあります。 今年度の売上高は 2,300 億ユーロ、利益は 210 億ユーロになると予測しています。

機会:

伝統的なヨーロッパの自動車メーカーはエレクトロモビリティに将来を見据えていますが、トヨタはハイブリッド、電気、内燃機関、燃料電池などのイノベーションに対してはるかにオープンであり、日本のグループはすべてに関与しているため、各エンジン開発から利益を得ることができます.

リスク:

ただし、「クラシック」な自動車メーカーであるトヨタは、たとえばドイツの競合他社よりもはるかに高価です。 VW の現在の P/E 比率は 4 ですが、日本の競合他社は収益の 10 倍に評価されています。 しかし、Tesla や BYD などの新しい電気自動車メーカーの評価を追加すると、これらの低い評価はほとんどばかげているように思えます。

その前任者とは異なり、最も興味深い日本の株のリストの最後の株はかなり知られていません。 ソフトバンクグループは、その名の通り銀行ではなく、主にスタートアップ分野で活動する投資会社です。

機会:

過去には、Nvidia、Uber、DoorDash などの多くの優れた投資があり、会社に複数の利益をもたらしました。 投資家は現在、次の金鉱が発見され、株価が新高値に達することを望んでいます。

リスク:

しかし、ここでの負債は明らかに株主にとってリスクです。 時価総額が570億ドルの同社は現在、債務水準が高く、危機の際には売り圧力につながる可能性があります. それにもかかわらず、残念ながら経営陣はこれまでのところ、それらを削減する必要があるとは考えていません。

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です