偽のデータが日本の建設統計を 8 年間ゆがめてきた

日本の建設統計は、2013 年から 2020 年の間に 34 兆 5000 億円(約 2510 億ユーロ)も膨らんだ。

国土交通省 も説明2013 年以降、毎年 0.1 兆円から 0.3 兆円程度過大評価されている。

建設統計はGDPの計算に含まれています

建設統計は、建設契約件数に基づいて算出され、日本の国内総生産の計算に含まれています。

同省は現在、改ざんされたデータが国内総生産に与える影響を調べたいと考えています。

虚偽のデータは 12 月に明らかになりました。 同省は、全国の約480社の建設会社から1年間に抽出した約1万2000社のサンプルをもとに工事請負額を算出。

これらの企業は、その月に受け取った注文数に関する月次レポートを提出する必要があります。 次に、この数値を使用して、合計注文額を見積もります。

命令のデータの破損

しかし、2013年度から2020年度までは、総務省の指示に従い、データ提供のない企業にはゼロを入力せず、都道府県職員が全提出企業の平均値を入力。

企業が後でデータを提出した場合、それは前月の合計に含まれていました。

ただし、これらの企業が平均値をレポートとして使用したため、これにより二重カウントが発生しました。

これにより、2021年度に4.6兆円(約330億ユーロ)、2014年度に5.2兆円(約370億ユーロ)、2016年度に5.2兆円、2017年度に4.3兆円(約310億ユーロ)の誤差が生じ、 2018年5.1兆円、2019年3.2兆円(約230億ユーロ)、2020年2.8兆円(約200億ユーロ)。

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です