マスタード:ソニーがPS5の価格を引き上げ、「インフレ」を詐欺と呼ぶ


今日、ソニーは物議を醸しました。なぜなら、彼らはPlayStation 5の価格を50ユーロ引き上げると発表したからです。 ドライブ付きのPS5では10%増、デジタルPS5では12.5%増です。 ソニーはインフレを主張しています。 私たちはそれが詐欺だと言います。

もちろん、すぐに:ソニーはあなたが望むように価格を設定するあらゆる権利を持っています。 まだ見つけるのが難しいコンソールでもっと稼ぐのが良い考えだと思うなら、あなたは完全に合法です. いいえ、ソニーのスローガン「プレイヤーのために」は常に単なる PR であり、(すべての) 上場企業には、「株主のために」が適用されます。

しかし、会社にとって現在の困難な経済状況やインフレへの言及など、弱い言い訳はご容赦ください。 乳製品の請求書であっても、特に 50 ユーロの場合、この議論はまったく成立しません。 いずれにせよ、PlayStationのボスであるジム・ライアンの正当な理由は次のとおりです。

一見、これはなんとなく理解できるように見えますが、結局のところ、世界経済も非常に複雑な構造です。 しかし、いくつかの数字を見ると (再び: 牛乳を注ぐ女の計算による)、いずれにせよ足し算にはなりません。

インフレーション?

ドイツでは、2022 年 7 月のインフレ率は 7.5% でした。 それは多くのことであり、今後数か月間、特に冬の間、消費者を財政的に揺るがすでしょう. しかし、これはコンソールと何の関係があるのでしょうか? もちろん、為替の影響は重要なポイントです。円高は日本経済の輸出に重くのしかかるからです。 そして、はい、現在円はユーロに対して強くなっています。 しかし:それらは決して世界ではありません。 1 年前の円は約 130 円でしたが、現在は 1 ユーロ 136 円です。これは 5% 未満の増加です。
コンソール ゲームのインフォグラフィック: Xbox シリーズ X/S が PlayStation 5 を上回る

しかし、繰り返しになりますが、通貨の影響も複雑です。これらのパーセンテージをすべてひとくくりにすることはできません。 しかし、ドイツと 7.5% のインフレに話を戻しましょう。ソニーは、PlayStation 5 もそこで製造されていれば、おそらくより適切に議論できるでしょう。

しかし、私たちが知っているように、ハードウェアはヨーロッパではほとんど製造されておらず、PlayStation 5 は一部が中国で、一部が日本で製造されています。 また、アジアの両国のインフレ率は約 2.5% で、ドイツとはかけ離れています。これは両国にとって大幅な増加ですが、それぞれ 10% と 12.5% の価格上昇を正当化できるでしょうか?

おそらく、この価格がソニーにとって実存的な問題を引き起こさないことを示す「最良の」証拠は、一方で売上高 (2002 年の第 2 四半期には約 17 億ドルのプラスがあった) であり、他方ではアメリカ。 北米では価格が上がらないためです。

Xbox Series X は、米国では真の選択肢です

理由は簡単です。Microsoft は、ヨーロッパや他の地域よりも米国での地位がはるかに強いからです。 したがって、直接の競合他社は多くの人にとって現実的な選択肢であるため、ソニーは価格を上げる余裕がありません. 通常、友人も所有しているデバイスを購入するため、これは私たちには当てはまりません。 読む:主にPS5。

率直に言えば、私たち(つまり、PlayStationファン)と一緒にそれを行うことができます. ソニーは、ゲーマーは常に PS5 を購入すると計算しています。 そうでない場合でも、必要な数のデバイスを提供することはできません。

ショットが返されないことは別の問題です。 家庭用ゲーム機やゲームは多くの人にとって欠かせないものであり、贅沢品であり続けます。 電気、ガス、食料 (「生活」とも呼ばれます) をほとんど買う余裕がないために正確に計算する必要がある場合、どちらか一方が豪華な PS5 なしで行う必要があります (しなければならないでしょう)。

別の方法があります

これは他の企業からも知られています。Starlink は本日、常に値下げを発表しました。 これで「顧客の購買力平価を反映」したいということで、最近のユーロはそれほど緩んでいないことがわかっています。

ソニーでは逆です。 そして、お客様がその結果に苦しむことを願っています。 企業が公正と考える価格を請求するすべての権利を持っているのと同様に、すべての消費者も製品を購入しない権利を持っているからです。

結局のところ、日本に住んでいなくても幸せになれるのです。 価格が 39,980 円から 49,478 円に、または 293 から 363 ユーロに、つまり約 70 ユーロに上昇するため、ほぼ 4 分の 1 の上昇になります。 日本では、心配する必要のある競争はさらに少なく、少なくとも Microsoft からはそうではありません。

しゃれは確かにオリジナルではありませんが、それでも真実です。「プレイヤー向け」は、ずっと前に「支払人向け」になりました。


sony, プレイステーション 5, ゲーム コンソール, ps5, コントローラー, ソニー プレイステーション 5, プレイステーション デュアルセンス, プレイステーション コントローラー, プレイステーション 5 コントローラー, プレイステーション ロゴ

sony, プレイステーション 5, ゲーム コンソール, ps5, コントローラー, ソニー プレイステーション 5, プレイステーション デュアルセンス, プレイステーション コントローラー, プレイステーション 5 コントローラー, プレイステーション ロゴ

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。