カトリックの宣教師が1585年に日本をどのように知ったか – 社会

16 世紀後半、日本の統一をめぐる闘争のさなか、ポルトガルのイエズス会士ルイス・フロイスは、1585 年 6 月 14 日、九州南部の小さな島、勝佐の小さな町で、異例の論文の序文を書きました。 それは「一言で言えば、ヨーロッパの人々と日本のこの土地との間のいくつかの対照と使用の違い」を含んでいました.

最初の「南蛮人」(日本人が西洋人と呼んでいた)が日本の地に足を踏み入れてから、40年以上が経過した. 1585 年までにフロイスは 22 年間日本で宣教師を務め、首都の宮古 (現在の京都) にもしばらく滞在していました。 彼は日本の文化に多くの魅力を感じ、それを高く評価し、言語を完璧に話し、読むことができ、習慣を知っており、一般の人々だけでなく権力者とも親密な関係を築いていました。 日本の情勢に関するフロイスの手紙は、ヨーロッパで広く読まれ、いくつかの言語に翻訳されました。 愛好家であったフロイスは、1583 年に修道会に代わって日本の歴史を書き始めました。 「彼の時代のイエズス会の使命の最も重要な著者の 1 人」と、小冊子の編集者であるヨーゼフ フランツ シュッテは書いています。 テキストが登場したのは 300 年以上も前のことなので、これはなおさら驚くべきことです。

ルイス・フロイスは生前に彼の文章を世に出して欲しくなかったのですか?

1532 年にリスボンで生まれたフロイスは、16 歳でイエズス会に受け入れられる前は、おそらく王室の書記官であったと思われます。 アジアにも展開。 修道会に入るとすぐに、フロイスはアジアのイエズス会本部があったインド西海岸のゴアに旅行しました。 彼はそことマレーシアのマラッカに住み、1562年まで勉強し、宣教活動を行い、秘書として働きました。ゴアでは、アジアへのイエズス会の使命の先駆者であるフランシスコ・ザビエルと、ヨーロッパ向けの日本に関する最初の日本人情報提供者であるアンジローに会いました。 これが彼が島の王国とフランシスコ・ザビエルの国とその人々に対する非常に前向きな姿勢を発見した方法です. だから彼もそこに行きたがっていた。 しかし、彼が日本に派遣されたのは 1563 年になってからで、30 年後の 1597 年 7 月 8 日に長崎で亡くなりました。

611 の 2 行で、ドメインごとに 14 の章で構成されたフロイスの注目すべき論文は、章ごとに番号が付けられたヨーロッパと日本の慣習にそれぞれ短い文で反対しています。 写本でも 2 行で示されている 611 の対句は、幅広い印象を与え、比較文化研究への最初の貢献の 1 つとなっています。 いくつかの例を挙げてみましょう。 / 日本の女性は子供の首に足を乗せ、育てられないと思う人を殺します。 (第二章 女性たち / 39)

「私たちの場合、女性が書き方を知っていることはあまり一般的ではありません。/日本の高貴な女性の間では、書き方を理解できないと屈辱と見なされます。」 (第二章/45)

「私たちは全能の神に現世と来世の財を求めます。/日本人は世俗の財を祈ります。 かみ そして彼らの魂を救うためだけに ホトケ」(第V章 寺院 / 27)

「私たちの新聞は4つか5つしかありません。/日本人は50以上持っています。」 (第十章 日本人の書物、本、紙、インク、手紙 /十)

私たちでは、さよならを言うときや海外から来るときにキスをするのが通例です。 /日本人はこの習慣を全く知らず、逆にそれを見ると笑い始める」(第14章) 前の章ではうまく収まらなかったさまざまな異常なこと / 30)

観察の数も、その正確性も、意図的な誇張も異常ではありません。Fróis が判断しないのは驚くべきことです。 それは「正しい」ので、誰が「正しい」かを知るための文書は提供されません。 創設時、日本と中国のイエズス会協会のエネルギッシュなデザイナーであるアレッサンドロ・ヴァリニャーノの指導の下、細部に至るまで日本の慣習に適応することを目的とした伝道方法が開発されました。 日本人のためのヨーロッパの教会ではなく、「日本」のキリスト教会が出現することになった – 何世紀にもわたって実践されてきたキリスト教の宣教政策とは正反対である.

写本は1946年まで発見されなかった

フロイスはさらに進んでいます。彼の論文では、形式と内容の点で 2 つの文化の平等が確立されています。 ここには使命感がありません。 この小冊子はフロイスがポルトガル語で手書きしたもので、著者の名前はありません。 印刷物としてリリースされることはありませんでしたが、その作成と何世紀にもわたる通過の理由は謎のままです. ヨーゼフ フランツ シュッテの原稿がマドリッドの図書館で発見されたのは 1946 年のことで、9 年後に出版され、彼によってコメントされ、ドイツ語に翻訳されました。

フロイスは自分の仕事を隠していたのですか? 生前に出てほしかったんじゃないの? おそらく、彼は自分のアプローチの相対的な挑発的な性質に問題があることに気づき、自分の名前をそれに関連付けたり、宣伝しようとしたりしませんでした. 文学的な観点からテキストを見ると、文化的および歴史的な情報のキャリアとしての見事な絵が失われます。 読むとき、文化的行動のさまざまな表現への敬意が高まり、あらゆる形態の人間が引き継ぎます。 フロイスはヨーロッパの文化大使でもあり、彼の認識は教会の鉛のような重さとヨーロッパ人の規模に悩まされていませんでした。 これにより、2 つの異なる文化の同等性において、より広い知的空間が開かれます。

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です