インフレはすぐに消えますか? 奇跡を信じ続けるハイナー・フラスベック

エコノミストのハイナー・フラスベックは、インフレが再び収まると今でも信じている。 フラスベック氏は、スイスや日本など、中央銀行がそれぞれの GDP に比べて最大のバランスシートの合計を持っているが、インフレ率はかつてないほど低い国を指しています。

しかし、フラスベックが考えるように、インフレは本当に賃金上昇の結果にすぎないのでしょうか? 極端に短縮されたようです。 インフレは、需要と供給の不均衡から生じます。 しかし、コロナ危機に対応する中央銀行による紙幣の印刷は、消費者と企業の需要を刺激しましたが、コロナとウクライナでの戦争により供給が減少しました. エネルギー価格の急騰に伴い、消費者や企業にとって、ガスや電気などのエネルギー源はますます高価になっています。

インフレ、景気後退、賃金

消費者が大きな困難に陥らないようにするには、インフレ時に賃金を上げなければなりません。 しかし同時に、企業は非常に高いコストに苦しんでいます (ドイツの生産者価格は +37.2%)。 現在、多くの人が物価と賃金のスパイラルを恐れており、それがインフレをさらに押し上げる可能性があります。

過去数十年間のドイツの実質(インフレ調整後)賃金の推移を見てみましょう。

インフレと総賃金 フラスベック

チャート:WSI

実質賃金は、組合が強力だった 1970 年代に大幅に上昇しました。 労働組合は今日でも存在していますが、1970 年代に比べて大幅に弱体化しています。

しかし、人口動態の変化により、現在、ドイツではますます多くの欠員が補充されていないことがわかります。

欠員と給与
詳細な統計については、次の URL を参照してください。 更に

労働者の不足だけでも、長期的にはインフレを引き起こしますが、ハイナー フラスベックは、完全雇用には程遠いと考えています。 たぶん、ハイナー・フラスベックは、象牙の塔から明らかに現実と矛盾する彼の理論に固執するのではなく、トレーダーや企業 (労働者を切望している) と話す必要があります。 しかし、フラスベック氏は、確固たる事実によって彼のイデオロギーを思いとどまらせているわけではありません。

1970 年代: インフレが高止まりした理由 – 供給の低下

過去数十年間のドイツのインフレの推移を見てみましょう。

ドイツのインフレ

1970 年代のインフレは波のようにやってきました。 しかし、1974/1975 年に経済が不況に陥ったとき、インフレ率が大幅に低下しなかったのはなぜでしょうか? その間、インフレ率は低下したものの、高水準で推移しています。 なんで?

コメルツ銀行のチーフ エコノミスト、ヨルグ クレーマーは次のように述べています。 了解しました1970年代に何が起こったか:

「しかし、ECBは1970年代を注意深く研究する必要があります。当時、不況は高インフレの問題を解決しませんでした。 多くの中央銀行は、弱い経済を誤って伝えて緩和的な金融政策を追求してきたため、最終的に経済を助けることなくインフレを加速させてきました.

当時、経済が低迷していたにもかかわらず、インフレ率が非常に高かったのは、通常の場合のように、実際にインフレを遅らせる需要の崩壊による経済問題ではなかったからです。 供給される商品の需要が減ると、価格が下がります。

しかし、1973 年のオイル ショックは、高価な石油が消費者の購買力を低下させたとしても、主に需要の崩壊を引き起こしたわけではありません。 代わりに、影響を受けたのは主に商品の供給でした。

企業は原油価格の急騰に苦しんでいます。 彼らは、国内総生産が急落したため、高価になった石油の使用を削減する必要があり、その結果、より少ない商品を生産する可能性がありました.

総需要が商品の供給不足に対応したため、インフレが加速しました。 以前とは異なり、不況と高インフレ率は密接に関連していました。

これはすべて、賃金がインフレの 1 つの要素にすぎないことを示しています。 ただし、需要と供給の不均衡が中心です。 ガスと電気がますます高価になると、企業は生産量を減らします (現在、ガスの消費量は大幅に減少しています)。そのため、供給量が少なくなります。 経済が不況に陥ると需要が減少しますが、需要が供給を下回った場合、インフレは高止まりします。 そしてそれは給料に関係なく。

ハイナー・フラスベックが自分のイデオロギーにただ乗り続けるのではなく、注目してくれたらいいのに。

レビューを読み書きするには、ここをクリックしてください

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です