観光客や旅行会社に対する日本のルール

日本の国境は久しぶりに観光客に開放されましたが、従うべきいくつかの規則があります.

旅行代理店は、最初の観光客グループが 6 月末に同国に到着することを期待しています。 その理由は、考慮すべきことがたくさんあるため、スタッフのトレーニングに時間がかかるためです。

日本の観光客のための多くのルール

日本の観光案内所は、7月7日に感染防止対策に関するガイドラインを発表しました(ダウンロード)。 齊藤哲夫観光相は「感染拡大防止と社会経済活動の推進を両立させながら、観光需要の回復に努める」と述べた。

感染防止対策は、旅行代理店が観光客にマスクを着用し、密閉空間、混雑した場所、密接な接触を避けるいわゆる「3つのK」を遵守するよう促すことを示しています.

また、観光客は食事中に大声で話さないように求められ、入国前に追加の健康保険に加入する必要があり、コロナ感染の場合の医療費をカバーします。

観光案内所では、対策を分かりやすく説明するイラスト入りのパンフレットを作成しています。 ルールをお守りいただけない場合、ご旅行が中断される場合がございます。

イラストはルールの理解を容易にするものでなければなりません。

ツアーオペレーターの仕事が多い

ガイドラインによると、ツアー オペレーターは旅行者の移動、つまり旅行先、乗車した公共交通機関などを記録する必要があります。 保健所が実施する調査に参加する。 旅行者がコロナ感染と診断された場合、直ちに医療機関に連れて行かなければなりません。

さらに、名前、パスポート番号、居住地などの旅行データを提供する必要があります。 入国管理局のサイトで ビザを申請する前に登録してください。

観光客の入国は、ドイツを含む感染リスクが低いと考えられる98カ国の人々に限定されています。 リストできます ここを参照しかし、それは日本語でのみ利用可能です。

個人旅行の再開には時間がかかる

個人旅行はまだ許可されていないため、団体旅行のみが日本に入国できます。 ただし、2 人とツアーガイドだけで構成することもできます。

パンデミックの前に、日本は 1 年間延期されたオリンピックとパラリンピックを開催する予定だった 2020 年に 4,000 万人の外国人旅行者の目標を設定していました。

4月の訪日外国人旅行者推定数は13万9500人で、パンデミック前の2019年同月比95.2%減。

経済からは、パンデミックに見舞われた経済が立ち直るのを助けるために、観光客が徐々に戻ってくることを許可するという需要が生まれます。

公開が行われていますが、オミクロン BA.2.12.1 サブバリアントが日本に導入されるのではないかという懸念がすでに早期にあります。

したがって、開国はまだまだ先になりそうですが、少なくとも開国は始まっています。

Elite Boss

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。