独占禁止法の下で超過利益税が難しい理由

ヨーロッパのいくつかの国は、危機から利益を得ている企業に対して超過利益税を検討しています。 しかし、これは法的に意味がありますか? ケルン大学の弁護士で教授でもあるトルステン・ケルバーは、税論争はポピュリスト的なやり方で行われていると考えている

ケルバーさん、多くの人が超過利潤税の問題を手放すことができません。 最近、Greens のボスである Ricarda Lang が彼の好意を表明しました。 あなたはそれで何をしますか?

TORSTEN KÖRBER: この議論は本質的にポピュリスト的な方法で行われているため、問題があると思います。 つまり、利益を超えたものは何ですか? これはほとんど意味のある決定ができ​​ず、道徳的な衝動を持っています – どの利点が「良い」で、どれが「悪い」ですか?

ドイツの法律の下で超過利益税は可能ですか? もしそうなら、どのように?

私は税法の専門家ではありません。 しかし、反トラスト法に関して言えば、反競争的な利益を転用する方法はたくさんあります。

連邦経済相のロバート・ハベックは、「爪と歯のある反トラスト法」を望んでいます。 たとえば、彼は利益のスキミングに関する GWB 34 条に言及しています。

はい、GWB の第 34a 条もあり、それに従って、特定の協会も利点を回避することができます。 ただし、最終的には、どちらの基準も「死んだ法律」です。

あなたはそれを説明しなければなりません…

第 34a 条、つまり協会による利益の転用は、成功すればお金が国に行くため、すでに死んでいます。 したがって、協会には苦情を申し立てるインセンティブがほとんどありません。 第 34 条は、連邦カルテル庁が取得した反トラストの利益をすくい取るのに役立ちます。 この標準は、いくつかの理由で廃止されました。まず、そのような利点を判断するのが難しいため、適用が困難です。 一方、競争法違反は事前に証明する必要があります。 これらはハードルが高いです。 何よりも、すでにより良い楽器があります。

どれの?

まず、石油の消費者など、損害を被った人々への補償と、競争法に違反して利益を得た人々への制裁を区別する必要があります。 連邦政府は常に、犠牲者は補償されなければならないと言っています。 もしそうなら、反トラスト法には他の選択肢があります。 一方で、被害者は GWB 第 33a 条に基づいて損害賠償を請求することができます。

これは、10 ユーロを使いすぎた人は誰でも損害賠償を請求しなければならないことを意味します…

はい、もちろん、散乱ダメージには機能しません。 したがって、第 32 条 (2a) GWB には別の選択肢があります。連邦カルテル庁は、不正行為を通じて得た利益を顧客に返還するよう命じることができます。 彼は以前、ガソリン価格を高騰させてそれを行ったことがあります。 過払いされた手数料は、次の年次明細書で払い戻されました。

そして、国家が反トラスト行為を罰したい場合はどうなりますか?

ここで反トラスト罰金法の出番です。 このようにして、企業が権力を乱用した場合、州は企業に多額の罰金を科すことができます。

これに関する実際的な問題は何ですか?

実際、反トラスト損害賠償訴訟のような罰金を決定するのは困難です。 利益の額は多くの要因に依存し、通常は測定が難しいため、ここで利益に焦点を当てることは困難です。 そのため、売上高と特定のパッケージに頼ります。

そして、スキミングされる特定のクォータを設定しますか?

実際には、段階的な段階があるため、より複雑です。たとえば、違反の深刻度、継続期間、意図的であったかなどです。 さらに、グループの年間売上高の最大 10% までの上限があります。 しかし、それはかなりの余裕を残します。 罰金はしばしば数億に達します。 EU レベルでは、Google の場合のように、数十億ユーロに達することもあります。

では、これらのツールがあるのに、セクション 34 を変更することについての議論があるのはなぜでしょうか?

私にとって、このプロジェクトは何よりも反トラスト・ポピュリズムです。 正式には、より簡単な証明を作成することです。 ただし、本質的には、免除できない企業が法的利益を奪われる可能性があります。 これは、成功を罰するのではなく、報酬を与えて競争を促進するという反トラスト法の基本原則に反するものです。 したがって、合法的な手段によって行われる限り、独占権を取得することは禁止されていません。 そうでなければ、企業は成功しすぎることを恐れなければならないでしょう。 したがって、市場支配力の濫用に対する立証責任の逆転も疑わしい。

企業自身が市場支配力を乱用していないことを証明しなければならないという連邦政府の考えのことですか?

はい、非常に問題があると思います。 国は利益をすくい取ることで、起業家の基本的権利を侵害しています。 そのような干渉を正当化するのは州次第です。 だから私は、不人気だが競争力のある企業利益を流用するのに反トラスト法は適していないと単純に考えている。 せいぜい、州は税法を通じて法的利益を得ることができます。 しかし、私はこれについての専門家ではありません。

税理士の久部半野氏は独占禁止法が最良の方法であると考えています…

これは私の同僚が間違っているところです。

競争法の話に戻りましょう。市場の構造を見た方が賢明ではないでしょうか? たとえば、一部のエコノミストは製油所とサービス ステーションの分離を求めています。

Habeck 氏は、事前に権限を乱用することなく、アンバンドリング オプションを導入することを提案しました。 市場構造について考えるのは理にかなっています。 しかし、単に「大きくなりすぎた」という理由だけで企業を分離することには問題があります。 第二次世界大戦以来、そのような脱集中が実際に機能した例を私は知りません。 アンバンドリングの要求は、利益のスキミングの要求と同じくらいポピュリストです。 米国での最後の主要なダイベストメントは 1982 年の AT&T でしたが、現在の市場は以前と同じように合併によって集中しており、価格は米国よりも高くなっています。 反トラスト法に繰り返し違反する企業、いわばカルテルを多用する違反者には別のことが当てはまります。 最後の手段として、これらの企業は現在の反トラスト法の下ですでに分離されている可能性があります。 European Digital Markets Act も、「スリー ストライク – アウト」モデルに基づくオプションを提供しています。

したがって、アンバンドリングは非常に鈍い剣です。 しかし、価格の上限など、市場をもっと厳しく規制することはできないのでしょうか?

また、国による価格規制は非常に強力な介入であるため、問題があると思います。 これは緊急時や一時的に考えられる程度で、そうでなければ市場が価格を決定する必要があります。 1 つの方法は、以前に試みられたように、税金を使用することです。これは、州も高いガソリン価格から莫大な「超過利益」を得ているためです。 しかし、それは燃費を向上させないため、次善でもあります。 3 番目のオプションは助成金です。

どう言う意味ですか?

たとえば、日本では、燃料の卸売価格が補助され、ディーラーは、前の補助金を顧客に転嫁した後、次の補助金を受け取るだけです。 州にとっては高額ですが、ドイツの減税よりも効果があり、インフレ率も低下します。 興味深いアプローチです。

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。