日韓のビジネスロビイストが前向きな関係を呼びかける

日本と韓国のビジネス ロビイストは月曜日、隣国間の将来を見据えた関係を構築する取り組みの一環として、協力を深めることで合意した。

全経連と日本企業連は、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、約3年ぶりにソウルで開かれた会合で合意に達した。

ビジネスロビイストは協力を深めたい

共同声明 ビジネス・ロビイストは、「我々は、1998年の共同声明の調印後に生じた未解決の問題を念頭に置きながら、前向きな関係を構築するために協力を深めることに合意した」と述べた。

FKI と経団連の指導者は、関係を改善するために民間部門の積極的な役割を求めています。 これは、1998 年に当時の韓国の金大中大統領と当時の日本の小渕恵三首相が署名した共同声明ですでに合意されていた。

日韓の協力が重要

ビジネスロビイストはまた、パンデミック中に削減された両国間のビザ免除を再開することにより、民間部門の貿易を正常化することの重要性にも同意しました。

ロシアのウクライナ侵攻がインド太平洋地域と世界全体の情勢を不安定にしているため、韓国と日本の関係を強化することが重要です。 声明によると、これは北東アジアの平和と安定に貢献する。

Elite Boss

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。