日本柔道協会が全​​国小学生大会を中止

全日本柔道連盟は、指導者や保護者の「何としてでも勝とう」という意識が定着し、子どもたちの稽古が苦しくなり、全国小学生大会を中止した。

したがって、協会の管理者は、やむを得ないと感じました。 大会を中止する. 都道府県協会への通告では、大会中止の理由の一つとして「何としてでも勝つための過度な努力」が挙げられた。

コーチと保護者は、保護者の勝利を誇張している

より簡単なクラスで競争できるように、コーチが生徒に減量を強制する例が何度もありました. また、大会ではコーチ、保護者、レフリーの間で常に口論があります。

日本柔道連盟の広報担当者は「大人は子どもの将来を考えず、目先の戦いの結果だけを考える傾向がある。これを機にどうすべきかを考えたい」と話した。

全国大会は2004年に創設され、毎年夏に開催され、日本柔道連盟が主催する唯一の小学生対象の全国大会です。 大会は小学5年生と6年生の個人戦で、各階級に2つの階級がある。

連盟は、夏の間、トレーニングや会議を含む若い柔道家のための代替イベントを企画する予定です.

日本で柔道への関心が薄れつつある

日本では、小学校での挑戦をきっかけに柔道をやめてしまう子どもたちがたくさんいます。 日本の柔道家の数は、2004 年の約 20 万人から現在では 12 万人に増加しています。

柔道連盟の決定は、小中学生が非常に厳しいトレーニングを強いられる他のスポーツにも影響を与える可能性があります。

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です