日本政府、安倍晋三国葬への批判を無視

日本の国会の臨時会期は金曜日、安倍晋三元首相の国葬についての討論なしで終了し、国民と野党からの批判を集めた. 葬儀は9月27日に予定されている。

日本での生活費の上昇など、その他の重要な問題も、特別セッションでは取り上げられませんでした。

安倍晋三への賛歌

3 日間の会期は、主に 7 月 10 日の選挙後の手続き上の問題を処理するために使用されました。 実際、安倍晋三の国葬が実際に正当化されるかどうかが議論されると想定されていました。

水曜日に上院議長に選出された尾辻秀久氏と細田博之下院議長は、8年以上首相を務めた安倍首相への弔辞を読み上げた。

尾辻氏は演説の中で、安倍首相は日本で最も長く首相を務めており、民主主義の発展に尽力していると述べた.

「安倍首相は世界の平和と繁栄のために働き、人々の生活を改善し、日本の国際的地位を高めた.

本来なら、安倍首相の側近である甘利明氏が国​​会で演説する予定だった。 しかし、甘利が贈収賄スキャンダルに巻き込まれたため、計画は破棄されました。

国葬は物議をかもしている

計画された国葬は、国民の間で物議をかもしている。 最近の世論調査によると、53.3% が反対し、61.9% がこの問題に関する議会での議論が必要だと考えています。

野党はまた、そのような埋葬の計画を批判し、人々に公に追悼を強いる一方で、安倍首相に前向きな遺産を作るために使用されることを恐れた.

安倍晋三は日本で最も長く首相を務めたが、物議をかもし、スキャンダルを引き起こした. さらに、貧富の差を広げた彼の「アベノミクス」景気刺激策には、現在、強い批判があります。

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。