日本人の過半数は、沖縄の米軍基地の負担を不公平だと考えている

日本の沖縄県は多くの米軍基地の本拠地ですが、地元の人々はその負担が大きいため、依然として行動を起こそうとしています.

全国的にも、日本人の大多数は状況が不公平であると考えています。 共同通信社調べ 明らかに。

負担が大きすぎるが、大多数は動きたくない

沖縄は 1972 年までアメリカの支配下にありました。 県内は日本の総面積の70%を占め、米軍専用地域です。 しかし、沖縄は国土のわずか0.6%しかありません。

回答者の 79% が、沖縄県民に課せられた負担は不公平であると述べています。

全体として、回答者の 58% が、基地の一部を国内の別の場所に移しても構わないと答えました。 しかし、回答者の 69% が移籍に反対でした。

51%が県内の米軍基地を大幅に削減すべきだと答えた。 回答者の 6% はそれらを完全に削除することを望んでおり、40% は状況を変えるべきではないと述べています。

基地移設をめぐる争い

県は、太平洋におけるアメリカの軍事作戦の重要な戦略的中心地です。 一方、日本にとって米軍は中国や北朝鮮に対する抑止力として重要だ。 また、沖縄は台湾に近いです。

現在、米海兵隊普天間飛行場を宜野湾の住宅地から名護市辺野古の人口の少ない沿岸地域に移転することについて論争が起きています。

調査によると、回答者の64%が移籍に反対しています。 このうち約 4 分の 1 が基地を国外に移すべきだと考えており、同数の人が他県に移すべきだと考えています。

米国との安全保障同盟については、回答者の 65% がすべてを現状維持すべきだと答えました。 22% は強化すべきだと考えており、11% は弱体化を望んでいます。

日本政府は現在、県内の自衛隊のプレゼンスを強化することも計画している.

Nishikawa Katashi

「Web オタク。情熱的なトラブルメーカー。オーガナイザー。アマチュア コーヒー マニア。ゾンビ マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。