日本への入国制限の緊急解除要求

自民党幹部の世耕弘成氏は日本に対し、観光客を含む外国人の入国制限を早急に解除するよう求めた。

世耕は、日本が6月から観光客の入国を再び許可するという岸田文夫首相の発表に応えていたが、いくつかの制限があった. 最初のテストは今月後半に開始される予定です。

観光産業は入国制限に苦しんでいる

この国は人気のある旅行先であるため、観光産業は入国制限に大きく苦しんでいます。 さらに、業界は現在の円安によって旅行が安くなるため、恩恵を受けるでしょう。

インバウンド観光は、パンデミックが始まるまで重要な経済の柱でした。 2011年から2019年にかけて海外からの訪日観光客は5倍に増えました。

2019年には2300万人が海外から日本に来ましたが、パンデミックにより2021年には25万人しかいませんでした.

専門家は、入国禁止が 2020 年に 10 兆 9600 億円(約 798 億ユーロ)の経済的損失を引き起こしたと計算しています。 2021年の数字が示すように、国内観光もこの損失を補うことはできません。

人口は開口部の周りに分かれています

日本は現在、海外からの入国を10,000人に制限しており、観光客は除外されています. 6月からは観光客を含めて2万人に引き上げる。 ただし、旅程が明確に決まっている団体の旅行者のみが入場を許可され、各旅行者は3回の予防接種を受ける必要があります。

半年前の世論調査によると、有権者は岸田氏の外国人の入国禁止を支持しており、オムクロンの亜種が世界中に広まった。 週末のJapan News Networkの世論調査では、回答者の48%が首相が発表した国境管理の緩和を支持している. 38%が観光客への開放に反対だと答えた。

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。