日本は新たな原子力発電所の建設を計画している

  1. ホームページ
  2. 政治

設立:

の: キリシタンチョウザメ

2021年6月に商業運転を再開した日本の美浜原子力発電所 © Imago

エネルギー危機により、私たちは日本を再考する必要に迫られています。 福島原発メルトダウンから 11 年後、日本は原子力発電に復帰しました。

東京 – 原子力エネルギーはすでに日本で活躍しているようです。 彼の記憶が新鮮すぎた 2011 年 3 月の福島の崩壊. 当時、何十万人もの人々がその地域を離れなければならず、今日まで何万人もの人々が戻ることができませんでした. 誰も原子力についてこれ以上知りたいとは思わなかった.日本では原子力は行き止まりの技術と考えられていた.

しかし今、潮目が再び変わりつつあるようです。 いずれにせよ、8 月 24 日(水)、岸田文夫首相は原発の抜本的な方針転換の土台を整えた。 政府は、既存の原子力発電所の寿命を 60 年以上に延ばすことに加えて、次世代の原子力発電所の開発と建設も検討しています。 岸田氏は、この点について年内に結論を出したいと表明した。 これは、追加の原子力発電所を建設しないという日本のこれまでの政策から逸脱することになる。

日本の原子力エネルギー:ウクライナでの戦争の開始とともに、反省が始まる

2011 年の福島原発事故の後、日本はより厳格な安全基準を導入し、一般的に原子炉の運転を 40 年に制限しました。 ただし、安全性を高めれば、あと20年は運転可能。 原子力は再び基本的な供給源として使用されます。 これまでのところ、17 基の原子炉が強化された安全要件を満たし、10 基の原子炉が稼働を再開しています。 岸田氏によると、残りの7台がネットワークにつながるようにすべてが行われるという。

首相は次のように明らかにした。 ウクライナ戦争 そしてエネルギーコストの上昇は、世論の変化と原子力発電の再考を余儀なくさせました。 実際、3 月末時点で同紙はすでに調査を行っていた。 日経 ことを明らかにした 回答者の 54% が原子力エネルギーの利用拡大に賛成 それは。

日本の原子力:「グリーン・トランスフォーメーション」計画

政府高官は通信社と会った ロイター 水曜日によると、環境目標を達成するために世界第3位の経済を刷新することを目的とした、いわゆる「グリーントランスフォーメーション」の計画を作成する。 日本の一部の当局者は、原子力発電をそのような環境に配慮した変革の構成要素と見なしています。 (cs/dpa)

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。