日本は妊娠中の外国人インターンの虐待を調査します

日本政府は、外国人研修生が日本で妊娠または出産したために、雇用主または仲介者によって日本を離れることを余儀なくされたかどうかを調査する予定です。

出入国在留管理庁と厚生労働省は、この種の最初の調査で協力しています。

日本で増加する妊娠中のインターンへの虐待事件

日本では妊娠中のインターンに対する虐待が急増しており、女性が妊娠した場合に国を出ることに同意する文書に署名を強要されるケースも含まれています。 診療所、 実際に禁止されているもの 外国人女性が、解雇や雇用機会の喪失を恐れて子どもを置き去りにするケースが増加しています。

労働省によると、2017 年 11 月から 2020 年 12 月までの間に、637 人の研修生が妊娠のために仕事を辞めなければなりませんでした。 ただし、統計は監視機関やその他の情報源からの報告のみに基づいています。

この調査では、国が後援する技能実習プログラムの参加者約 490 人に、女性が妊娠または出産後に母国に送り返された事例を知っているかどうかを尋ねます。

カンボジア、中国、インドネシア、ミャンマー、タイ、ベトナム、フィリピンの7カ国から研修生が調査に参加しました。

調査に基づいて、日本政府はこの問題に関するコミュニケーションを改善したいと考えています。 ただし、これが正確に何を意味するのかは発表されていません。

批判を重ねる技能実習生向けプログラム

日本では1993年に技能実習制度が導入されました。この制度では、外国人が日本の企業で5年間働き、母国で役立つ技術を習得することができます。

しかし、批評家は、政府が企業にアジア全域から安い労働力を輸入する能力を与える計画を作成したと非難している.

近年、問題は繰り返されています。 最近、プログラムに参加したい人は、紹介料を支払うために入国前に借金をしなければならないことがわかった. また、長時間働かなければならない場合や、給料が支払われない場合も常にあります。 また、虐待の事例もいくつか明るみに出ています。

古川義久元法務大臣は7月、プログラムの見直しを発表した。

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。