日本はアフリカに300億ドルを約束

日本の岸田文夫首相は、人的資本への投資に重点を置いて、今後 3 年間でアフリカの開発に 300 億ドルを割り当てました。 約束した.

岸田氏はアフリカ開発国際会議(TICAD)でのオンライン演説で、中国とは異なるアフリカとともに成長することを強調した。 中国はインフラプロジェクトを推進しているが、貧困国に巨額の債務を負わせているとの批判もある。

日本はアフリカの持続可能な開発を促進したい

日本は、アフリカの開発銀行と連携して、アフリカの持続可能な開発を促進し、債務削減を支援するために、約 50 億ドルの融資を計画しています。

「日本はアフリカとの成長するパートナーになることを目指しています。 岸田氏は演説で、アフリカと協力してこの地域の課題に取り組んでいくと述べ、「日本は、強靭な大陸の構築に役立つ、日本独自の人間中心のアプローチでイニシアチブを進めていきます」と述べました。

アフリカ開発国際会議は、アフリカと日本の指導者が一堂に会し、アフリカ大陸が直面する一連の重要な問題に対処する 8 回目の会議です。 前回の会議は 2019 年に開催されました。

議題項目には、ロシアのウクライナ侵攻後の穀物供給の混乱と食料価格の上昇によって悪化した迫り来る食料危機の管理、エネルギー安全保障、パンデミックに直面したヘルスケアの改善が含まれていました。

グリーン成長への投資

日本の首相は、日本とアフリカの協力を深めることを目指しており、世界の平和と繁栄のために、ルールに基づく自由で開かれた国際秩序を維持する必要があると述べた。

アフリカ大陸を支援するため、日本は約 40 億ドルを投資してグリーン成長と脱炭素化を推進します。 食料生産の増加に焦点が当てられています。

日本はまた、HIV、マラリア、結核などの感染症と闘うアフリカを支援したいと考えています。

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。