日本は「死の組」を楽しみにしている

サッカー日本代表チームは、ワールドカップのグループ対戦相手であるドイツとスペインを、賞賛と恐れの入り混じった目で見ています。

11月21日から12月18日までカタールで開催されたワールドカップの組み合わせ抽選会の後、日本の森保肇監督は、「ドイツとスペインと一緒に、トーナメントで優勝することに慣れている国と対戦できることをうれしく思います。

日本のメディアは、彼が以前、彼のチームがヨーロッパの 2 つの巨人と同じグループに入る可能性があると考えていたと報じました。 日本はこれほど困難なグループに魅力を感じたことはありませんでした。 「死のグループ」も言及されています。

「ベスト8に進出したい。でも、世界の強豪国に勝たないと行けない。しっかり準備して、どうやったらできるか見てみよう」と森保さん。 彼は、FIFAランキングで23位の日本が7回目のワールドカップ出場で歴史を作ることを望んでいます.

53 歳の元ミッドフィールダーは、1993 年にカタールの首都で行われたイラク戦でギリギリの引き分けを認めた代表チームの一員でした. 「ここドーハで、今回は監督として目標を達成し、それを『ドーハの喜び』にしたい」と森保監督は、日本で「ドーハの苦痛」として記憶されている試合に言及した.京堂代理店へ。 .

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です