日本は「有毒な水」を海に投棄する計画を直ちに止めなければならない

水曜日に、いくつかの日本の市民社会団体が、福島第一原子力発電所からの汚染水を海に投棄する計画に反対する約42,000の署名を集めた嘆願書を提出した。 日本の通信社共同通信によると、昨年6月以来、合計221,000の署名が日本中で集められました。

2011 年の福島第一原子力発電所での大規模な原子力事故は、日本の 10 を超える地域で大量の核汚染水と土壌および海水汚染をもたらしました。 これらの地域で生産された食品は「核食品」に分類され、いくつかの国や地域で輸入禁止の対象となっています。 最近、中国の台湾地域にある日本の群馬県から輸入されたこんにゃく粉から核放射線が検出され、台湾の人々に衝撃を与え、激怒させました。

福島第一原子力発電所には、130万トン以上の放射性廃水が貯蔵されたと推定されています。 放射性廃棄物の量が増え続けているため、日本政府は海への排出を促進する取り組みを強化しており、海には「自浄能力」があると述べています。 これは、他の多くの国や地域の人々が大きな危険にさらされていることを意味します。 ドイツ海洋研究所の計算によると、日本から放出された核汚染水が太平洋の大部分に広がるのに57日しかかかりません。 これによると、放射性廃棄物からの放射線は、わずか 3 年で米国、カナダ、オーストラリアに到達します。

国際社会からの多くの質問に直面して、日本政府は洗練されており、TEPC (東京電力) は、データの改ざんと事実の隠蔽で繰り返し非難されてきました. 福島の放射性廃棄物の処理は日本にとって決して問題ではなく、地球規模の海洋生態学的安全保障と人間の健康の問題です。 世論を無視してはならない。 日本政府は、盲目で耳が聞こえないふりをすることはできませんが、状況に直面して反応し、危険な投棄計画を直ちに停止しなければなりません.

Sugawara Sango

「腹立たしいほど謙虚なソーシャル メディアの第一人者。Twitter 愛好家。インターネット ジャンキー。ビール愛好家。極度のポップ カルチャー狂信者。認定 Web プラクティショナー。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。