日本の首相がインフレ防止パッケージの草案を注文

日本の岸田文夫首相は月曜日、内閣に対し、9月までにインフレ対策のパッケージを作成するよう命じた。

岸田氏は、政府は輸入小麦の価格を現在の水準に維持しようとし、石油卸売業者への補助金を拡大することを検討していると述べた。

首相は状況を真剣に受け止めるよう警告

「パンやパスタなど生活必需品の値上げが深刻」、 岸田氏は政府会合でインフレと戦う方法について議論した人。

輸入小麦は国内消費の約8割を占めており、政府は4月と10月に輸入小麦の価格を調整している。

冬の電力供給への恐ろしい負荷に対応するために、日本の首相は、9 基の原子炉をできるだけ早くネットワークに接続する必要があることを繰り返しました。

インフレは輸入に依存する日本にますます重くのしかかる

エネルギー、商品、食品の価格の上昇は、輸入に依存する日本にとってますます重くのしかかっており、円安がコストの上昇に拍車をかけています。 企業はすでにコストの上昇を消費者に転嫁していますが、特に食料品については、さらなる上昇が予想されます。

日本の首相が国民の支持を取り戻そうとする中、最近の改造内閣にとってインフレへの取り組みは最優先事項である。 自民党の政治家と統一教会との関係が、この宗派が日本の政治に大きな影響を与えているのではないかという懸念を煽ったため、支持は減少した.

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。