日本の飲酒文化: 善のために – 宝物

状況: 2022/08/30 07:05

日本では、人々はますます飲酒量を減らしています。 これは彼らの健康には良いかもしれませんが、キャッシュフローを弱めます。 キャンペーンは消費を刺激することを目的としていますが、批判されています。

Katharina von Tschurtschenthaler、ARD東京スタジオ

「若者はもうそう簡単に招かれなくなった」と、トクムト氏はビールをすすりながら言います。 40 歳の男性は金曜日の夜、東京の渋谷地区にある居酒屋で 2 人の従業員と一緒に座っています。 3 人はクレジット カード会社で働いており、現在、少なくとも部分的に休暇を取っています。 トクムトさんはいつもお酒を飲みたがるし、上司が飲みたがっても断らないから。

文字通り「飲み会」と訳される「飲み会」は、長い間日本で週末の前に必須のイベントと見なされてきました。 しかし、若者は特にこの儀式に抵抗しています。 この国のアルコール消費量が急速に減少している理由の 1 つは、それに伴う税収です。 10 年前、アルコール税は依然として総税収の 3% を占めていましたが、パンデミックが始まってからはわずか 1.7% です。

仕事終わりの「飲み会」である飲み会で徳本さんと社員たち。

画像: Katharina von Tschurtschenthaler

消費者の習慣の変化

さらに、コロナ禍で消費習慣が変化し、多くのバーが完全に閉店したり、午後 8 時以降は自宅で過ごす時間が増えました。 20歳の学生、高橋ヨシキのように。 彼はパンデミックの間、かなり引きこもりがちで、以前はスポーツパブでサッカーを見たりビールを飲んだりしていました。 現在、彼は飲む量が減り、体調が良くなったと感じています。多くの若者と同じように、意図的にアルコールを避ける人もいます。

政府は今、「Sake Viva!」を持っています。 日本では20歳から飲酒が合法化されているため、20歳から39歳までの若者を対象としたキャンペーンが開始されました。 9月の初めまで、彼らは日本のアルコール消費をどのように活性化できるかについてのアイデアを提供するよう招待されています – たとえば、さまざまな広告メッセージや新しい飲み物で.

東京の診療所の院長である久住英二は、国税庁のキャンペーンに激怒している。 彼は、「私はお酒が大好きなので、良い飲酒を促すために最善を尽くしています」と認めています。 しかし、医師は、政府のキャンペーンにより、依存症やアルコール関連の健康問題が必然的に増加すると考えています。 短期的には国庫にさらに多くの資金が投入されたとしても、長期的には医療費が増加し、次の日には二日酔いで仕事を休むことになるでしょう。

東京の渋谷のナイトライフ地区での金曜の夜: バーは品ぞろえが充実していますが、酒税の収入は州にとって十分ではありません。

画像: Katharina von Tschurtschenthaler

税務行政にとっての「当たり前」

特に日本では、アルコールは社会的に重要です。 多くの人が手放すのが難しいと感じる国では、アルコールは舌を緩め、会議を容易にすることができます. しかし、燃費は本当に正しいのでしょうか? 税務当局はインタビューを行うのではなく、書面で質問に答えます。「アルコール貿易の健全な発展を支援する」のが税務当局の役割です。 正しく飲むことは「当たり前のこと」です。 過度の飲酒を助長したくはありません。

久住英二博士は、飲酒へのインセンティブが成功すれば、国庫の負担が大きくなる可能性があると考えています。

画像: Katharina von Tschurtschenthaler

キャンペーンはソーシャル メディアで激しく批判されましたが、路上ではそれほどではありませんでした。 20歳の泉栖つばさが考える「酒ビバ!」 決して非難されるものではありません。 毎日飲むわけではないが、それを一種のご褒美と見なすなら、それは完全に正当なことだと彼女は考えている. 魅力的な広告は、アルコール飲料を非常に魅力的にします。 「街を歩いていて、美味しいお酒の写真があちこちにあるのを見るだけで、ちょっとお酒が飲みたくなります」と彼女は言います。 学生は法定飲酒年齢に達したばかりで、「無意識のうちに路上でつまずかないように」自宅でハードリカーに慣れています.

渋谷地区では、金曜日の夜が遅くなればなるほど、帰りの最終列車がすでに出発しているため、路地を通り抜け、家々の出入り口で事務服を着て夜を過ごす人が増えています。 徳本さんと2人の従業員は、どのバーに移動するか迷っています。 彼らの血にはすでに数千分の 1 の血が流れており、アイデアは 40 代半ばから泡立ち始めたばかりです。 「飲みに行こう – 毎月1日だ!」と彼は叫ぶ。 「国から補助金が出る。 それは何かでしょう。

カウンターで

Katharina Tschurtschenthaler、ARD Tokyo、Morgenmagazin、2022 年 8 月 30 日

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です