日本の航空会社は、日本での空の旅に燃油サーチャージを計画しています

日本の2つの航空会社 日本航空(JAL)と全日本空輸(ANA) は、8 月から史上最高額の燃油サーチャージを運賃に追加することを計画しています。

原油価格の上昇により必要になったこの追加料金は、日本で始まったばかりの国際航空輸送の段階的な再開を再び危険にさらす可能性があると懸念されています.

シンガポール原油市況の上昇

たとえば、JAL では、日本からホノルルへの片道フライトは 6,900 円 (約 50 ユーロ) 高くなり、アメリカまたはヨーロッパへのフライトは 10,200 円 (約 75 ユーロ) 高くなります。 場合によっては、燃油サーチャージが実際の運賃よりも高くなることがあります。

コロナ禍で原油価格が低迷し、需要不足で追加料金がかからなかったが、航空便の需要増やロシアの侵攻による対ロシア制裁により、原油価格は再び大幅に上昇している。 ウクライナ出身。

JAL と ANA は、シンガポール証券取引所の市場価格によって追跡される原油価格が高値を突破した後、価格を修正しました。 円安は航空運賃をさらに押し上げるはずだ。

燃油サーチャージ、悪い為替レート、ホテル価格の高騰

コロナ危機の終息後、日本政府が国境制限を徐々に緩和した今、多くの日本人もまた海外旅行をしたいと考えています。

しかし、日本の旅行代理店の HIS Co. によると、日本の顧客側ではすでに明確な抵抗が感じられています。
フライト費用の追加料金の増加を感じるだけではありません。

一般的に、不利な為替レートにより旅行代金も上昇します。
円と現地のインフレは、特にホテル価格の大幅な上昇に反映されており、これまで以上に高くなっています。

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です