岐阜の学生が野球の練習中に倒れて死亡

日本の多くの学生にとって、放課後のクラブ活動への参加は日常生活の一部です。 野球は日本で非常に人気があり、そのため、スポーツクラブは通常、活発な流入を期待できます. 5 月末、岐阜県の大学でスポーツに不利な見方をする事件が発生しました。

岐阜県の大学野球チームは、定期的に大会に出場するために練習を行っています。 5月中旬、選手の1人がランニングトレーニング中に倒れ、翌日病院で死亡した。 議論の火付け役となったのは、22歳の学生が練習中に倒れた後、共立大学のチームマネージャーやさまざまな関係者がそこにいたが、誰も救急車を呼ばなかったという事実です.

コーチとスーパーバイザーは崩壊の際に立ち会った

意識を失ってから約 30 分後、生徒はチームメイトの車で病院に運ばれました。 大垣市(岐阜県)にある大学は、状況を評価するための独立した委員会を設置すると発表しました。 状況を解決するときにどのような間違いがあったかを確認することも価値があります。

大学によると、学生は5月14日の朝の練習中にフィールドで倒れたという。 以前は、スーパーバイザーの指導のもと、仲間と約1時間のランニングトレーニングに参加していました。 倒れた直後、生徒は意識を取り戻したという。 彼は学生を車に乗せて病院に連れて行った。

休暇中の野球コーチとチームマネージャー

男性が病院に到着したとき、倒れてから約40分が経過していたという。 病院での検査で、22歳がコロナウイルスに感染していることが明らかになりました。 彼は、より適切な感染管理対策が講じられている別の病院に移されました。 しかし、そこでさえ、私たちは彼を助けることができなくなり、その若者は5月15日に亡くなりました。 これまでのところ、大学は特定の死因に関する情報を提供していません。

大学は、外部の弁護士も含める必要がある独立した委員会を設置することを決定しました。 野球チームのマネージャーとコーチは、5 月 24 日に最初に職務を解かれ、キャンパスから解雇されました。 大学の独立委員会の報告待ち 追加情報なし 事件にします。

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。