姫路城の隠れた一面を観光客に見せる新しいオンライン ツアー

封建時代からの出会い 姫路城 日本の兵庫県にある城は、国内で最も美しく、最も有名で、最も保存状態の良い城の 1 つです。 将来的には、訪問者は非常にリアルな仮想現実 (VR) ツアーで、一般公開されていない城のエリアを探索できるようになります。

このオンライン ツアーは、東京を拠点とする新興企業が他の数社と協力して開発したものです。 姫路城の敷地と敷地をデジタルで再現するには、数え切れないほどの画像が必要でした。 印象的な結果がそれ自体を物語っているので、常に報われてきた努力。

姫路城の360度バーチャルツアー

城、その息をのむような建築物、歴史に興味のある人は、将来、自宅から快適に探索できます。

360 度のバーチャル ツアーでは、城の周りをメイン タワーの最上階まで案内します。

VR プロジェクトは、VR サービスを専門とする東京を拠点とする会社である Hacosco Inc. のリーダーシップの下で作成されました。 ハコスコは2014年に創業し、芦屋のよどこゲストハウスなど国の文化財を手がけてきました。

最初の画像から最終製品まで

城をあらゆる角度から撮影するには、ドローン、高解像度カメラ、レーザー スキャナーが必要でした。 写真は昨年秋に撮影。

10 人のチームは、モデルの実現に必要なすべての視点から城を撮影するのに 2 週間かかりました。

画像を組み立てた後、次の段階で城を忠実に再現できるように、レーザー スキャナーを使用して敷地全体を正確に測定しました。

ハコスコの藤井直隆社長は、同社の目標は「地方自治体や旅行会社と連携して観光事業を推進すること」だと語る。

また、制作陣の土居孝允によると「若い [..] 仮想現実を通じて文化財の美しさを発見するのに役立ちます。 »

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。