レポート:バイエルン・ミュンヘンが日本からの18歳の才能の移籍に関心 – 交渉中

FC バイエルン ミュンヘンは、次の有望な人材を確保できますか? の報告 ドイツの記録によると、チャンピオンは18歳の日本人福井太一のサービスを求愛しています. 若いミッドフィールダーは、バイエルンのキャンパスでオーディションを受け、トレーニングに感銘を受けたと伝えられています。 FCBはすでに福井のサガン鳥栖クラブとの対応交渉に入った。

広告

どうやら、彼はミュンヘンの第 3 ディビジョン チームで最初にプレーする必要があり、将来そこで構築する必要があります。 彼の母国である日本では、彼は素晴らしい才能と見なされており、彼のプレースタイルは元 BVB プロの香川真司を彷彿とさせます。 彼は 4 月以降、クラブの U18 で 9 試合に出場し、5 ゴールと 7 アシストを記録しました。

ミュンヘンのチームは、ここ数か月で多くの若い選手と契約しました。 スタッド・レンヌからFCBに来てプロでプレーする17歳のマティス・テルに加えて、16歳のアダム・アズヌーもFCバルセロナからミュンヘンに移籍した。 アトレティコ・マドリーから15歳のミッドフィールダー、ハビエル・フェルナンデスの移籍もある。

[Anzeige] ブンデスリーガの試合を見逃すことはありません: ここから現在のストリーミング オファーをチェックしてください WOW/スカイダゾーン.

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。