フリーフロントの二日酔いムード: 活況を呈している業界は、ここ数年で最悪の後退を予想しています

ノミの額に二日酔い
活況を呈している業界は、ここ数年で最悪の後退を予想している

自動車業界は依然として配達のボトルネックに不満を漏らしているが、他の分野ではチップの需要が劇的に落ち込んでいる。 半導体ブームは突然終焉を迎える。 皮肉なことに、多くの国が数十億ドル相当の投資プログラムを開始した後.

世界が半導体を十分に手に入れることができないようなものです。 電子制御用のチップは、自動車、家電製品、スマートフォン、家電製品など、あらゆる場所で必要とされています。 パンデミックが始まって以来、ボトルネックや不足に関する苦情がニュースの見出しを独占してきました。 未完成の車は駐車場に駐車しなければならず、待望のゲーム機はクリスマス ツリーの下にありませんでした。 トークン不足によるパニックの後、驚くほど迅速な修正が発表されました。

慢性的なノミの不足は、少なくとも一部の地域ではピークに達したようです. PC、データセンターサーバー、ゲームコンソール向けのグラフィックプロセッサとチップセットの最大の開発者の1つであるNvidiaは、1週間の悲惨な数字を報告しました. コア事業の売上は40%以上も崩壊。 インテルはそれ以上のことはしませんでした。 コンピューター チップのサプライヤーは、2022 年には収益が最大 50% 減少すると予測しています。

業界は、業界誌「PC ゲーム ハードウェア」が書いているように、従業員がオフィスに戻るにつれて、コロナ パンデミックの終息とコンピューターの需要の減少に苦しんでいるだけではありません。 最近の仮想通貨の暴落も、バランスシートに深い傷を残しています。 業界情報によると、特にデジタル通貨のマイニング用のグラフィックカードの売上は半減すると予想されています。 Intel と Nvidia は、それに応じて 2022 年の出荷と収益の予測を調整しました。

何十億もの投資のタイミングが悪い

米国最大のメモリ チップ メーカーである Micron は、以前に需要の減少について警告していました。 悪いニュースは、ジョー・バイデン米大統領が、国内生産を促進するために520億米ドルの国家援助を伴う「チップと科学法」に署名した同じ日にもたらされた. サンフォード・C・バーンスタインのアナリスト、ステイシー・ラズゴン氏は、米国の金融機関ブルームバーグに対し、「これは一種のダークユーモアだ」とコメントした。 「政治家は、業界が変わったときにボトルネックがどれだけ早く解決できるかを知るでしょう。」

アメリカだけでなく、ヨーロッパ、中国、日本でも体験することができました。 コロナ危機に関連するサプライチェーンの問題と地政学的な緊張により、チップ生産を促進するために大規模な投資プログラムを決定したからです。 フィッチの専門家であるジェイソン・ポンペイ氏は、ブルームバーグの情報を引用して、少なくとも短期的には「景気後退に向かっている生産能力に投資する」リスクがあると述べた。

中国の最新の業界データは、7月の特別なコロナ関連のブームの後、IC生産が17%減少したことを示しており、二日酔いがカードにあることも確認しています.

10 年の平穏の先駆け

先週後半、フィナンシャル タイムズは、中国最大の半導体メーカーであるセミコンダクター マニュファクチャリング インターナショナル コーポレーション (SMIC) の急なキャンセルについて報じました。 CEO の Haijun Zhao 氏によると、スマートフォンや家庭用電化製品に使用されるチップの需要が最も落ち込んでいます。 中国のスマートフォンメーカーの売上は、今年の上半期に半減した、と彼は付け加えた。 一方で、産業用制御や車載用チップの需要は安定しています。 彼は、インフレと需要の周期的な減少だけでなく、間接的に台湾紛争の悪化も理由として挙げました。

専門家の予測は厳しいです。 シティグループのアナリスト、クリストファー・デーネリー氏は、業界の後退は少なくとも10年、おそらく20年で最悪になると予想している. すべての企業とすべてのチップ カテゴリが影響を受ける可能性があります。

チップの最大の買い手は PC メーカーです。 ブルームバーグは、全体的なデスクトップ プロセッサの出荷台数が、ほぼ 40 年間よりも前年比で大幅に減少しているという事実は、「暗黒時代」の前兆であると述べています。 好況と不況のサイクル (最初の大きな誇大宣伝とその後の爆発) は、半導体業界にとって新しいことではありません。 業界は、その歴史の中で何度もそのようなジェットコースターを経験してきました。

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。