フォーミュラ1:大混乱! フェルスタッペンはワールドチャンピオンか? | | スポーツ

の: トム・コルマーとミシェル・ミレフスキ(現在鈴鹿)

レース後の混乱は大きかったが、マックス フェルスタッペン (25) がワールド チャンピオンだ!

鈴鹿レース(日本)の後、マックス・フェルスタッペン(25歳)が突然ワールドチャンピオンを発表。 本人も最初はそう思っていたのだが、祝辞にすっかり面食らっているようだった。

混乱の理由は、雨のために完全なレース距離がカバーされなかったとしても、完全なポイントが与えられるからです. しかし、ドライバーでさえそれを期待していませんでした。 どうやら彼らは減点があると思っていたようです。

ポイントが減っていれば、鈴鹿での世界選手権の決定は、レースが終わった後のコンステレーションでは不可能だったでしょう. でもポイントいっぱい。 フェルスタッペンがいきなりワールドチャンピオンに!

シャルル・ルクレール(24)がレース後にのみ受けたタイムペナルティは、混乱を引き起こしました。 このため、ルクレールはレースで突然 3 位になり、フィニッシュ ラインを通過したときには 2 位ではありませんでした。 それが、2 人のパイロットの間に決定的な違いを生み出す唯一の方法でした。

レースではルクレールが2位のセルジオ・ペレス(32)と対決。 モナコは短期間コースを離れ、5 秒のペナルティを受けました。したがって、レースでは 3 位にとどまり、ドライバーズ チャンピオンシップでは最大で 2 位になりました。

カオスレースによる世界チャンピオン フェルスタッペン「かなり面白かった」

出典:ロイター

2022 年 10 月 10 日

ワールド チャンピオンのフェルスタッペン: 「とても複雑な気持ちです。レースでの勝利がありました。振り返ってみると、私たちが過ごした 1 年は素晴らしいものでした。昨年の後には想像もできませんでした」

スカイで、彼はFIAが彼が世界チャンピオンであることをレース後に彼に言っただけだと説明した. 「最終的に、彼らは私にたくさんのポイントを与えてくれたと思います。 彼のチーム リーダーであるクリスチャン ホーナーは、表彰台で初めて気づきました。

レッドブルのモータースポーツ責任者、ヘルムート・マルコ博士 (79): フェラーリのチーム代表であるマッティア・ビノット(52歳)は、レギュレーションの解釈に「非常に驚き、非常に失望した」と語った。

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です