ドイツと日本はもっと緊密に協力すべき

コロナのパンデミックとロシアによるウクライナへの攻撃は、深刻なサプライチェーンの混乱とエネルギーと食料価格の急激な上昇により、世界経済に影を落としています。 同時に、社会や経済のデジタルトランスフォーメーションやカーボンニュートラルなどのグローバルな目標を達成することも重要です。

私たちは大きな変化の時代に生きています。 すべての州とすべての企業は、現在の状況を利用して、将来の成長の基盤を作成する必要があります。 危機の日本語の単語は「キキ」であり、「危険」と「機会/機会」の2つの文字で構成されています. したがって、危機を機会として利用することが重要です。

インド太平洋地域では、再編の努力が行われています。 日米豪印同盟(QUAD)や、バイデン米大統領が主導したインド太平洋経済枠組(IPEF)協定などがその例です。

この地域の経済は、長期的に発展し、成長し続けるでしょう。 しかし、ここでも枠組みの条件が急速に変化しています。サプライチェーンが再構築されており、西側諸国による特定の国の政治的再評価が経済安全保障を脅かしています。

今日のトップジョブ

今すぐ最高の仕事を見つけて、
メールで通知されます。

ドイツも、2020 年に連邦政府が採択した「インド太平洋ガイドライン」が示すように、この地域への関心の高まりを示しています。

2022 年 1 月に発効し、日本が ASEAN 諸国、中国、韓国、オーストラリア、ニュージーランドと締結した RCEP 自由貿易協定は、重要な一歩です。 これは世界最大の自由貿易協定の 1 つであり、自由で公正な取引システムと回復力のあるバリュー チェーンの開発を促進します。 加盟国が合意された規則を一貫して適用すれば、地域にさらなる成長をもたらすでしょう。

IPEFは、米国が提唱する多国間経済イニシアチブであり、米国政府のインド太平洋戦略において重要な位置を占めています。 ここで、日本は参加国間の仲介者として行動し、イニシアチブがアジアの実情とニーズに注意を払い、この地域の成長を刺激できるようにすべきです。

ドイツと日本は同じ価値観を共有しています

現在のさまざまな困難を克服するために、これまで特定の国に大きく依存していたグローバルなサプライチェーンは、より多様化され、強靭になる必要があります。

カーボン ニュートラルの目標を達成するには、新しい技術が必要です。 これにはイノベーションのスピードが重要な役割を果たします。 カーボンニュートラルを実現するためには、日本とドイツのような共通の価値観を持つ国々がより緊密に連携することが不可欠です。

日本政府は 2050 年までにカーボン ニュートラルになることを望んでおり、グリーン成長戦略を採用しています。 エネルギー効率の向上、再生可能エネルギーの拡大、グリーン水素とグリーンアンモニアの使用に重点が置かれています。

再生可能エネルギーのパイオニアとして、ドイツはここで重要な貢献をすることができます。 ドイツの中規模企業や新興企業の多くは、すでに環境技術に関する長年の経験があり、風力、太陽光、バイオマスの効率的な利用方法を日本のパートナーに教えることができます。

>>ここを読む: 後の世界: ウクライナ戦争がどのように権力と富を再分配したか

グリーンの使い方 水素は、電気分解、燃料電池、材料、輸送、発電、モビリティなど、さまざまな技術分野を網羅しています。 一部の分野では日本企業がリードしていますが、他の分野ではドイツ企業が先行しています。 彼らが協力し、協力を強化すれば、グリーン水素の普及はより早く実現することができます。

ショルツ首相は昨年春に日本を訪れた際、東京近郊の水素プラントを訪問した。 連邦首相によると、そのようなプロジェクトは、国境を越えたサプライ チェーンの開発のための国際的なモデルを構成する可能性があります。 水素は確かに、技術先進国であるドイツと日本がエネルギー転換において協力できる分野の 1 つです。

ドイツと日本のスタートアップからの強い期待

日独協力は大企業だけにとどまらない。 ドイツと同様に、日本企業の99%は中規模です。

優れた技術と製品で、中小企業は新しいビジネス領域を開拓しています。 インダストリー 4.0 の分野でノウハウを持つドイツの中規模企業は、すでに日本で生産のデジタル化に取り組んでいます。

ドイツ南部の中規模企業である EVO は、茨城県に支店を持ち、日本の中規模企業にインダストリー 4.0 ソフトウェアを提供しています。 エアモビリティの分野では、ドイツのスタートアップによる実証実験が注目されています。 ドイツ南部の新興企業である Volocopter は、航空会社である日本航空 (JAL) と協力して市場を開拓し、立ち上げました。

航空会社の全日本空輸 (ANA) との共同プロジェクトで、ヘッセン州のドローンの開発および製造業者であるウィングコプターは、ドローンを使用して医薬品や日用品を山岳地帯や離島に輸送したいと考えています。

現在、双方の協力の必要性が高まっています。

春の会談で、日本とドイツの首脳は、幅広い協力を強化するために、他の閣僚の参加を得て定期的に政府協議を行うことに合意した。

最初のラウンドは、日本がドイツから G7 の議長国を引き継ぐ来年に開催される予定です。 二国間だけでなく、G7の枠内でも関係を深めていきます。

ドイツと日本にとって、これは迫り来る変化する時代において戦略的パートナーシップを拡大するまたとない機会を提供します。

著者:

佐々木信彦は、ドイツ貿易会議所に相当する日本貿易振興機構の会長兼CEOです。

後: ヨーロッパと日本がデジタル化で力を合わせる

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。