++ ザポリージャ原子力発電所: 原子炉再接続

  1. ホームページ
  2. 政治

設立:

の: トビアス・ウッツ、カロリン・シェーファー、コンスタンティン・ホッペ、ニクラス・カーク

ザポリージャ原子力発電所で停電が発生しました。オペレーターが対処方法を説明します。 ロシア政府はウクライナ軍を非難している。

+++ 午後 2 時 30 分: ウクライナの国営企業「Energoatom」によると、原子力発電所の原子炉の 1 つがウクライナのネットワークに再接続されました。 電報に書かれたメッセージの中で、グループは、国の核セキュリティを確保し、不可欠な電力供給を確保してくれた地元の労働者に感謝しました。

+++ 午前 11 時 40 分: 今は公式です。 国際原子力機関 (IAEA) は、来週、ザポリージャ原子力発電所を訪問する予定です。 ニュースポータルが報じている キエフ独立.

+++ 午前 11 時 15 分: ザポリージャ原子力発電所での火災と短絡の後、損傷した送電線が修理されたと伝えられています。 これは、金曜日の朝に発電所「Energoatom」のオペレーターによって電報で報告されました。 6基の原子炉のうち2基を送電網に再接続する準備も進行中である、と彼は付け加えた。 この地域のロシア占領軍は、矛盾した情報を流布している。ザポリージャの原子力発電所は、ウクライナの電力網に電力を供給し続けている。 国営通信社が報じた キャス. 上記の情報はいずれも、個別に検証することはできません。

8 月 26 日金曜日、午前 10 時の更新: 木曜日にザポリージャ原子力発電所で停電が発生した後、紛争当事者はお互いにエスカレーションを非難した。 ウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領は、「ロシア軍が原子力発電所にとどまる毎分、世界的な放射能災害のリスクを意味する。 ウクライナの工場の人員の行動がなければ、世界は「放射線事故の結果に対処することを余儀なくされていたでしょう」. 「ロシアはウクライナとすべてのヨーロッパ人を放射能災害の瀬戸際に追いやった」とゼレンスキーは夜の演説で言った。

ザポリージャ原子力発電所周辺の状況は依然として緊張している。 © Konstantin Mihalchevskiy / Imago Images

この主張に反論し、ロシアが任命したこの地域の当局者であるウラジミール・ロゴフは、閉鎖は火災と送電線のショートが原因であると述べた。 送電線に損害を与えたとされる森林火災は、ウクライナ軍によって引き起こされたと、ロゴフは電報チャンネルで述べた。 上記の情報は、個別に検証することはできません。

+++ 午後 4 時 45 分: ザポリージャ原子力発電所の運営者である「エネルゴアトム」が午後に、停電後に原子力発電所のセキュリティシステムが作動したと述べた後、次のステップが何であるかは明らかである. オペレーターによると、原子力発電所は当初、近隣の火力発電所から電力を供給されている。 この地域のロシア占領軍の責任者であるエフゲニー・バリツキは、テレグラムで、原子力発電所でまだ稼働中の2つの原子炉ブロックがその間閉鎖されたと説明した. その間に、原子炉の 1 つが再起動します。 高圧線にはすでにいくつかの短絡がありました。 さらに、原子力発電所で火災が発生したと彼は付け加えた。 原子力発電所は現在、ウクライナの電力網から切り離されています。 上記の情報はいずれも、個別に検証することはできません。

+++ 午後 3 時 30 分: ザポリージャ原子力発電所を運営する「エネルゴアトム」は、原子力発電所がネットワークから「完全に」撤退したと発表した。 具体的には、これらは現在までに稼働している合計 6 つの原子炉ブロックのうちの約 2 つです。 Energoatom によると、その理由は多くの電力線への火災による損傷です。 しかし、ザポリージャ原子力発電所のセキュリティシステムは機能しているとオペレーターは説明した。 これまでのところ、停電が GAU を引き起こす可能性があるかどうかは不明です (午後 3 時の更新を参照)。

ザポリージャ原子力発電所の停電: 核災害の恐れ – セキュリティシステムが作動

8 月 25 日木曜日午後 3 時の更新: どうやらザポリージャ原子力発電所で停電があったようです。 国営通信社が報じている RIA ノヴォスティ ロシアから。 その結果、原子力発電所ではセキュリティシステムが作動しました。 モスクワのロシア国防省は、ウクライナ軍とその発電所への砲撃が、木曜日の午後の停電の原因であると非難した。 このようにクレムリンは、特にウクライナが原子力発電所周辺地域のエスカレーションに貢献しているという主張を繰り返した。 一方、キエフ政府は、ロシア軍が度重なる挑発行為を行っていると非難している。

ザポリージャ原子力発電所
8月23日のザポリージャ原子力発電所跡地の写真。 主要な建物の 1 つを示しています。 © Konstantin Mihalchevskiy / Imago Images

その間、停電とそれに伴うセキュリティシステムの起動がどのような影響を与えるかは不明です。 電力不足は、原子炉冷却チェーンの中断につながる可能性があります。 放射性燃料棒が入っています。 これらが恒久的に冷却されていない場合、材料は反応器を通過して環境に流出する可能性があります。 このシナリオは MCA (最悪の可能性がある事故) と呼ばれます。 ロシア通信社が提供する情報は、独自に検証することはできません。 これまでのところ、国際原子力機関からの声明はありません。

+++ 午後 8 時 30 分: 国連安全保障理事会で、EU はウクライナのザポリージャ原子力発電所からのロシアの即時撤退を求めた。 「過去数か月間、ヨーロッパで核災害が発生するリスクを目の当たりにしてきました。 原子力発電所を決して軍事基地として使用してはならないと言わざるを得ないのは残念なことだ」とEUのシルビオ・ゴンザト国連大使は水曜日にニューヨークで語った。代わりにサイトに。

ザポリージャ原子力発電所:ゼレンスキー大統領がロシアに訴える

+++ 午後 6 時 40 分: ザポリージャ原子力発電所は、ウクライナ戦争で激しく争われています。 これに関連して、ウクライナのヴォロディミル・ゼレンスキー大統領は、管理を国際原子力機関 (IAEA) に移管するよう要請した。 IAEA の専門家ミッションは、「できるだけ早く」ロシアが占領している施設を完全に管理する必要がある、とゼレンスキーは水曜日の国連安全保障理事会の会議で述べた。

ゼレンスキーはまた、ロシアが無条件に「核の恐喝」を終わらせ、ウクライナ南部の原子力発電所から完全に撤退することを要求した。 ロシアとウクライナの間の緊張の中で、核災害の恐怖が高まっています。 紛争の両当事者は、原子力発電所を爆撃したとお互いを非難している。

ザポリージャ原子力発電所:「壊滅的な結果をもたらす放射能事故の本当のリスク」

8 月 24 日水曜日の最初のレポート: ニューヨーク – ニューヨークで開催された国連安全保障理事会の会合で、ロシアとウクライナは、ウクライナ南部にある占拠されたザポリージャ原子力発電所を爆撃したとして、お互いを再び非難した。 ロシアのヴァシリー・ネベンシア駐国連大使は会合で、この状況は「欧州大陸全体に壊滅的な結果をもたらす放射能事故の現実的なリスク」をもたらすと語った。

ネベンシア氏は、工場爆撃の責任は明らかにウクライナにあると述べた。 ほとんど毎日。

ザポリージャ原子力発電所:ロシアとウクライナが爆撃の無実に抗議

ウクライナのセルゲイ・キスリツィア国連大使は、ロシアの主張を一蹴した。 ロシアは国連安全保障理事会の会合を敢えて開催し、「ロシア自身の挑発とテロ行為」について話し合う。

ロシアとウクライナも、原子力発電所への国際原子力機関(IAEA)のミッションを許可すると述べた。 キズリツィアは、国際社会が「ロシアの試合ではなく、実際の状況を見る」ことを可能にするような方法で任務を遂行することが「本当に重要」であると述べた. ロシアのネベンシア大使は、IAEA は「状況の現実を確認する」必要があると述べた。

ザポリージャ NPP での検査: 検査官がどのように到着するかという問題により、試みは失敗に終わった

これらの保証にもかかわらず、査察官はまだザポリージャ原子力発電所を査察および調査することができていません。 すべての側から支持されている IAEA の任務は、専門家がロシアが保有する領土を経由するのか、それとも国際法の下では正しいウクライナ領土を経由するのかをめぐる論争のために、これまでのところ失敗に終わっている。

2週間前、ロシア外務省は、国連指導部の反対によって合意が妨げられたという非難をすでに平準化していた.

ザポリージャ原子力発電所: プラント崩壊の恐れが国際的に高まっています

国連事務次長のローズマリー・ディカルロは、両国に対し、核施設の近くでの「すべての軍事活動」を停止し、IAEA の任務を許可するよう求めた。 「私たちは紛争当事者に対し、IAEAの任務に施設への即時、安全かつ無制限のアクセスを許可するよう再度要請します。」

ザポリージャ原子力発電所は、ウクライナでの戦争が始まってからわずか数日後の 3 月初旬にロシア軍に占領され、7 月下旬から何度か爆撃を受けています。 これにより、GAU(想像できる最大のクラッシュ)が発生する可能性があるという国際的な懸念が生じます。 ザポリージャ原子力発電所はヨーロッパ最大の原子力発電所であり、その規模の大きさから、崩壊の規模はチェルノブイリや福島よりもはるかに大きくなる可能性があります。 (con/kas/tu with AFP/dpa)

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です