コロナ対策で中国の産業が再び縮小

VSひなの工業生産高は、コロナ対策の強化、不動産危機、8月の夏の電力配給に続いて、2か月連続で減少しました。 水曜日に発表された国家統計局 (NBS) のデータによると、製造業の公式購買担当者指数 (PMI) は 7 月の 49.0 から 8 月には 49.4 に上昇した。 ただし、指数は50のしきい値を下回ったままであり、そこから成長が報告されています。 ロイター通信が調査した専門家は、PMI が 49.2 になると予想していました。

この調査は、世界第 2 位の経済大国の経済活動が、前月と比較して 8 月にほとんど改善されなかったことを示唆しています。 現在、国内総生産(GDP)の 15.7% を占める中国の 28 都市は、ロックダウンまたは厳格なウイルス対策の下にあり、需要と経済活動が減速しています。

一方、7 月の日本の鉱工業生産は、自動車需要が旺盛で 2 ヶ月連続で増加した。 水曜日に発表された政府のデータによると、7月の季節調整後は前月比1.0%上昇した。

日本の産業を支える自動車需要

自動車とトラックの旺盛な需要が、電子部品と電化製品の減少を相殺しました。 ロイターの調査によると、アナリストは平均0.5%の下落を予想していました。 経済産業省(METI)が調査した製造業者は、8月に5.5%、9月に0.8%の生産のさらなる増加を期待しています。

別のデータによると、7 月の小売売上高は予想を上回り、前年同月から 2.4% 増加しました。 5 カ月連続で増加した。 この成長は、医薬品とトイレタリーの売上高の増加によって促進されました。 ロイターの調査によると、専門家は 1.9% の増加を予想していました。

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です