アルコール: 日本政府は若い成人にもっと飲むように求めています。 政治

政府がキャンペーンを開始 | |

若い日本人はもっと飲むべき

このアクションは文字通りクレイジーなアイデアです…

日本政府は、若者にもっとアルコールを飲ませたいと考えています。 はい、正しく聞きました。 彼らは両親よりも飲酒量が少ないため、アルコール市場を枯渇させるからです. これを変えるために、国税庁は「Viva Sake」コンテストを作成しました。 BBC 報告。 そこでは、20 歳から 39 歳までの若者が、日本人をグラスに誘うためのアイデアを提案できます。

カンパイが増えるキャンペーンのようなものです!

そしてもちろん、より多くの税収のために。 税のデータによると、日本では 1 人あたり年間 75 リットルのアルコールしか消費されていませんでした。これは 25 年前の 4 分の 1 未満です。 ジャパンタイムズによると、アルコール税は国庫の5%から1.7%に引き下げられた。

日本人が飲酒に消極的である理由は、コロナ禍と人口の高齢化にある – 少なくともそれは、税制キャンペーンを組織しているコンサルティング会社「パソナ農園」によるものだ.

日本の若者は、9 月 9 日までアイデアを提出できます。 BBC によると、一部のユーザーは、とりわけ、有名な女優が仮想パーティーを主催していると示唆しています。 また、不健康なライフスタイルを助長しているとして税務当局を批判する人もいます。

しかし、保健省は、キャンペーンがアルコールの責任ある使用を提唱していると発表しました…

(ンコ)

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。