Moto3 日本 2022 の結果: イザン ゲバラの日本グランプリ!

Moto3 ライダーは、2022 年 9 月 25 日に日本のツインリンクもてぎでレースを行いました。2022 年日本グランプリのすべての Moto3 の結果と、現在の総合順位表はこちらで一目でわかります。

2022 年 9 月 25 日(日)、もてぎのツインリンクもてぎで、貴重なポイントを賭けた優勝争いが再び繰り広げられました。 バイク-世界選手権。 古里太陽、ダニ・ホルガド、ジャウメ・マシアらが今週末の日本GPでどのように活躍したかは、こちらのnews.deでご覧いただけます。

2022年日本グランプリ:イザン・ゲバラがもてぎのMoto3レースで優勝

2022年日本グランプリの優勝者はイザン・ゲバラ! 合計タイム 39:26.526 で、Team Aspar Team のスペイン人がフィニッシュしました。 Moto3――もてぎでのレースが最速。 レパード レーシング チームのイタリアのデニス フォッジャが 0.593 秒遅れて 2 位でした。 ステリルガルダ マックス レーシング チームの佐々木歩は表彰台で 3 位 (+1.741) です。
ポールポジションからスタートした鈴木樹が最高のスタートポジションを獲得。 スコット・オグデンとセルジオ・ガルシアがグリッドの2位と3位で続いた。

モーターサイクル世界選手権もてぎ2022のMoto3結果

日本GPでのMoto3の結果:2022年9月25日のレースの最終結果

ランク 運転者 時間 ラウンド ポイント コメント
1 イザン・ゲバラ スペイン 39:26.526 20 25
2 デニス・フォジア イタリア +0.593 20 20
3 佐々木歩 日本 +1,741 20 16
4 セルジオ・ガルシア スペイン +9 338 20 13
5 デビッド・ムニョス スペイン +9 414 20 11
6 ディオゴ・モレイラ ブラジル +9 743 20
セブン ジョン・マクフィー 英国 +9 815 20 9
8位 山中流星 日本 +15,490 20 8位
9 アンドレア・ミーニョ イタリア +15 573 20 セブン
リカルド・ロッシ イタリア +15 687 20 6
11 ザビエル・アルティガス スペイン +22.023 20 5
12 ステファノ・ネパ イタリア +22 656 20 4
13 イヴァン・オルトラ スペイン +22.914 20 3
14 ふるさとたいよう 日本 +24.419 20 2
15 デニズ・オンク 七面鳥 +30 368 20 1
16 エリヤ・バルトリーニ サンマリノ +45.070 20
17 マリオあじ インドネシア +45.199 20
18 エイドリアン・フェルナンデス スペイン +48.531 20
19 アナ・カラスコ スペイン +53.259 20
20 スコット・オグデン 英国 +1:06.056 20
21 鳥羽海斗 日本 17
DNF ジャウマ・マシア スペイン 16 競馬界から引退
DNF ロレンゾ・フェロン フランス 9 競馬界から引退
DNF ニコラス・カラロ イタリア 6 競馬界から引退
DNF 鈴木 たつき 日本 4 事故で退職
DNF 浜田貫太 日本 3 事故で退職
DNF ダニエル・ホルガド スペイン 3 事故で退職
DNF ジョシュア・ワットリー 英国 0 最初のラウンドは完了していません
DNF ジョエル・ケルソー オーストリア 0 最初のラウンドは完了していません
DNF カルロス・タタイ スペイン 0 競馬界から引退

3 つのすべてのモーターサイクル レース クラスの現在および過去のレース ステーションからのさらなる結果は、ここで見つけることができます。

日本のもてぎでのレース後のMoto3 2022順位表

現在の Moto3 ライダーの順位: 2022 年 9 月 25 日のレース後の表

現在のライダーの順位表を見ると、2022 年に Moto3 ワールド チャンピオンになる可能性が最も高いのは誰であるかがわかります。もてぎでの日本グランプリに出場した後、スペイン人のイザン ゲバラが現在、2022 年に 254 ポイントを獲得して総合 Moto3 の順位のリーダーです。続いて、スペインのセルヒオ ガルシアとイタリアのデニス フォッジャがそれぞれ 209 ポイントと 191 ポイントを獲得しています。

位置 運転者 クルー ポイント
1 イザン・ゲバラ ガビオタ ガスガス アスパー Moto3 チーム 254
2 セルジオ・ガルシア ガビオタ ガスガス アスパー Moto3 チーム 209
3 デニス・フォジア レオパード レーシング Moto3 191
4 佐々木歩 ステリルガルダ ハスクバーナ マックス 174
5 ジャウマ・マシア レッドブル KTM アジョ Moto3 155
6 デニズ・オンク レッドブル KTM テック 3 Moto3 154
セブン 鈴木 たつき レオパード レーシング Moto3 128
8位 アンドレア・ミーニョ Rivacold Snipers チーム Moto3 91
9 ダニエル・ホルガド レッドブル KTM アジョ Moto3 83
カルロス・タタイ CFMOTO Racing プルエステルGP 77
11 ザビエル・アルティガス CFMOTO Racing プルエステルGP 74
12 ディオゴ・モレイラ MSI MT ヘッドセット 74
13 山中流星 MSI MT ヘッドセット 73
14 デビッド・ムニョス ベップ モータースポーツ 72
15 リカルド・ロッシ SIC58 スクアドラ・コルシカ 65
16 鳥羽海斗 CIP – グリーンエネルギー 63
17 ジョン・マクフィー ステリルガルダ ハスクバーナ マックス 62
18 イヴァン・オルトラ Angelus MTA チーム 59
19 ステファノ・ネパ Angelus MTA チーム 40
20 エイドリアン・フェルナンデス レッドブル KTM テック 3 Moto3 40
21 エリヤ・バルトリーニ QJMotor Avintia Racing Team Moto3 24
22 ジョエル・ケルソー CIP – グリーンエネルギー 24
23 スコット・オグデン ビジョントラック レーシング チーム 20
24 マッテオ・ベルテル QJMotor Avintia Racing Team Moto3 16
25 ロレンゾ・フェロン SIC58 スクアドラ・コルシカ 11
26 マリオあじ ホンダ チーム アジア Moto3 5
27 ふるさとたいよう ホンダ チーム アジア Moto3 2
28 アルベルト・スーラ Rivacold Snipers チーム Moto3 0
29 アナ・カラスコ BOEモータースポーツ 0
30 ダビドサルバドール ステリルガルダ ハスクバーナ マックス 0
31 シャリフディン・アズマン ビジョントラック レーシング チーム 0
32 ルカメガネ QJMotor Avintia Racing Team Moto3 0
33 ジョシュア・ワットリー ビジョントラック レーシング チーム 0
34 ジェラルド・マレ BOEモータースポーツ 0
35 ニコラス・カラーロ QJMotor Avintia Racing Team Moto3 0
36 ホセ・ルエダ Rivacold Snipers チーム Moto3 0
37 マーク・ガルシア CIP – グリーンエネルギー 0
38 ハリソン・ボイト SIC58 スクアドラ・コルシカ 0
39 アレッサンドロ・モロシ MSI MT ヘッドセット 0
40 マリア・エレーラ Angelus MTA チーム 0
41 デビッド・アロンソ ガビオタ ガスガス アスパー Moto3 チーム 0

Moto3 チーム ランキングの更新: 総合順位をリードするのはどのチームですか?

Moto3 チームの順位では、スペインの Gaviota GASGAS Aspar Team Moto3 が現在 463 ポイントで首位に立っています。 ルクセンブルグの Leopard Racing Moto3 は 319 ポイントで 2 位です。 3 位は現在 Red Bull KTM Ajo Moto3 (フィンランド) が 238 ポイントで占めています。 Sterilgarda Husqvarna Max (236 ポイント、イタリア) と Red Bull KTM Tech 3 Moto3 (194 ポイント、オーストリア) が、チームの Moto3 シーズン ランキングで 4 位と 5 位に続いています。

+++ 編集者注: このテキストは、現在のスポーツの結果データに基づいて自動的に作成されました。 zettel@news.de でフィードバックやコメントを受け付けています。 +++

従う News.de すでに フェイスブックツイッターピンタレストユーチューブ? ここでは、最新のニュース、最新のビデオ、および編集者への直通電話を見つけることができます。

roj/news.de

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です