Ferrari Roma Tailor Made: 日本のイタリアのインスピレーション

誰もが標準的なフェラーリを望んでいるわけではありません。 単一の文書は、フェラーリが顧客の要求にどれだけうまく対応できるかを文書化しています。 この場合、Roma は日本の要素にインスパイアされています。

フェラーリだけではなく、自分だけのフェラーリが欲しい場合は、イタリアのスポーツカー メーカーのテーラー メイド部門にお問い合わせください。 ここでは、フェラーリ ブランドの美的基準が尊重される場合に限り、顧客の要望に応じてフェラーリが個別化されます。 顧客の個人部屋の設計に同行する個人デザイナーは、これに注意を払います。


現在提示されている Roma は、2019 年からデザイン、文化、テクノロジーに焦点を当てたアメリカの出版物 Cool Hunting の創始者である Evan Orensten と Josh Rubin と共同で開発されました。プロジェクトでは、Roma は伝統的な日本の要素と素材からインスピレーションを得ています。


藍色と銅の出会い

そのためローマの外装色は、日本の伝統的な藍色を想起させる「インディゴメタル」と呼ばれる深い青色です。 藍色はシートカバーやカーペットに使われる裂織にも見られます。 生地はナイロン繊維で織り直した着物をリメイクしたものをベースにしています。



インディゴのテーマは Roma のヘッドライナーにも引き継がれています。 2枚の藍染めの革を短冊状にカットし、再び織り上げて芸術作品に仕上げています。 手織りのブラック レザー ストリップは、インテリア ドア ハンドルにも見られます。 それらは、刀剣のハンドルに似ていることを意図しています。 日本の伝統的な銅製茶筒から着想を得て、シフターとシフター グリルの細部は金属で覆われています。 コッパーカラーは、コックピットの他のディテールやアロイホイールにも見られます。


技術的に本物のイタリア人

中央のアームレストとドアシルにあるユニークな奉納銘板で和のタッチが完成します。 家紋のシンボルは牛車の車輪を表し、Roma の V8 エンジンの 8 つのピストンがスポークを形成しています。 数字のテーマは、運、強さ、回復力のシンボルであるホイールを囲む 8 つの波紋にも続きます。


技術的には、ローマは 620 馬力の V8 ターボ エンジンを搭載した完全なイタリア製のままです。


調査

はい、私にとって価値と喜びは表裏一体です。

いいえ、それは私には不確かすぎるでしょう。

結論

Roma Tailor Made により、フェラーリは顧客が自分のスポーツカーをパーソナライズできる可能性を示しています。 ただし、フェラーリは常に、ブランドの美的基準が満たされていることを保証します。 それに固執したくない場合は、無料のチューナーに行く必要があります。

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。