DFB: Odonkor 2006 のように: フリックはワールドカップのサプライズを準備中です! 選手に期待できること – NATIONAL FOOTBALL TEAM

国内記録プレーヤーのローター・マテウス (61) は、FC バイエルンのディフェンダーとして非常に早い段階で彼について言及しました。 それ以外の場合、先週木曜日のワールドカップ前の最後の国際キャンプのDFBのスカッドリストに登場した名前は、多くの人にとって絶対的な驚きでした.Armel Bella-Kotchap(20)はシニア代表チームで最初に指名されました. ナショナル コーチのハンジ フリック (57) は、シーズン前にボーフムからサウサンプトン FC に 1,000 万ユーロで移籍したプロの正確な肖像画を以前に描いていました。

指名は、最高のパフォーマンスを持つ若い選手がフリックチームを作ることができるというサインでした.

しかし、それはBVBのスター、マッツ・フンメルス(33)への指針でもあった。 彼はクラブで素晴らしい状態にあり、2 人の新人の Niklas Süle (27) と Nico Schlotterbeck (22) との競争にもかかわらず、定期的にプレーしています。 しかし、彼は月曜日にフランクフルトで会ったチームを欠席している.

フリックは、11 月 23 日のドイツの日本とのトーナメントの開始に先立って、難しい決断を下さなければなりません。 Bella-Kotchap の指名は、驚きの候補がワールド カップの資格を得ることができることを示しています。 Flick & Co. も Hummels の登場に注目しました。 彼は優れたオープニングゲーム、タックル、ヘッドの強さ、そしてリーダーとして説得力があります。

大きな問題は、性格の擁護者も自分自身を従属させることができるかということです。 DFBの何人かはそれを疑っているが、フリックはただパフォーマンスの原則に従いたいだけだ:フンメルスが今後数週間を支配すれば、彼に門戸は開かれる。 人的問題が守備的に発生した場合、フリックはやみくもにフンメルスに頼る可能性があります。

Bella-Kotchap は、これからオーディションを受けることになっている新人です。 U21 ナショナル コーチのアントニオ ディ サルボ (43) は、彼が大きな可能性を秘めていることを認めています。 フリックはそれがエキサイティングであり、未来を表しているとも感じています。

「マッツは現在、ドルトムントで非常にうまくいっている。しかし、ベラ・コチャップの任命は、ハンジ・フリックがこのポジションについて他の計画を持っていることを示している。このポジションは必要ない」と「スカイ」の専門家マテウスはSPORT BILDに語った.

フリックのお気に入りのセンターバックは、ズーレ、シュロッターベック、アントニオ リューディガー (29)、マティアス ギンター (28)、ティロ ケーラー (25) で、センターでもプレーできる。 Bella-Kotchap が推奨できるのは、リーズのプロ、Robin Koch (26) だけです。 フンメルスは現在のところ計画されていませんが、フリックは、たとえばマリオ ゲッツェ (30 歳) のように、彼にすべての選択肢を残しています。

冬の大会に向けて、日々企画が進められています。 ウェンブリーで行われる金曜日のハンガリー戦と月曜日のイングランド戦で、選手たちは再び自分自身に注意を向けることができますし、そうすべきです。

最も熱い決闘: デビッド ラウム (24) は左サイドバックの前にいるが、戻ってきたロビン ゴセンス (28) が引き継ぐことを望んでいる. イルカイ・ギュンドアン (31) はレオン・ゴレツカ (27) とキミッヒの隣の中盤の座を争っている. 問題は、カイ・ハフェルツ (23) かティモ・ヴェルナー (26) か? それとも現在体調不良のセルジュ・ニャブリ(27)? ジャマル ムシアラ (19) は最初の XI に力を込めてプッシュし、リロイ サネ (26) やニャブリのようなクラブの確立された同僚の 1 人を追い出す可能性があります。

拡大する

ムシアラ(右)

写真:デニス・ブロスダ

遅くともロンドンでは、フリックはトップ 11 を連れてきて、ワールド カップ トーナメントに参加したいと考えています。 理由: ワールド カップの直接の準備では、オマーンでこの地域の対戦相手とのテスト マッチが 1 回だけ行われます。

11 月中旬に 26 人のメンバーが決まるまで、まだ時間があります。 Flick は、現在の国際段階で 24 人のプレーヤーしか呼び出していません。つまり、まだ 2 つのスポットが残っています。 現在負傷しているフロリアン ワーツ (19) は、1 つを取ることができます。

フリックはまた、デビッド・オドンコール(38)のスタイルでサプライズを計画しています. 当時のドルトムンダーは、スピードが特別な武器だったため、2006 年のワールド カップへの参加を許可されました。 これで再び「スペシャリスト」の居場所ができるはずです。特殊な能力で対戦相手を驚かせることができるジョーカーです。 ここでは、ワールドカップへの扉が、ブレーメンのニクラス・フルクルグ (今シーズン 29/5 ゴール) やシャルケのペナルティエリアストライカー、シモン・テロッデ (34) のようなゴールスコアラーに開かれる可能性さえあります。

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。