6月に日本で初めて気温が40度を超える

気象庁は非常に暑い週末を警告しましたが、気温は時々予想よりも大幅に上昇しました。

東京から約85キロ離れた群馬県伊勢崎市では、土曜日の午後に40.2度の気温が測定されました。 2011年に測定された7月の最高気温を0.4度上回った。

今年の日本の夏は異常に高い気温をもたらします

土曜日の東京都心部の気温は 35.4 度に達した。 日本の首都で 1875 年に記録が開始されて以来、35 度のマークをこれまでになく早く超えています。

気象庁は、今後 3 か月間の現在の天気予報で、気候変動とラニーニャ現象により、日本の夏は例年よりも暑くなると警告しています。

この予測は、国のエネルギー供給が問題に直面するという懸念を引き起こします。 ほんの数日前、当局は住民に対し、9 月に起こりうる供給問題を回避するために電力を節約するよう呼びかけました。

しかし、金曜日に長野で 35.1 度、高田で 36.7 度を測定するなど、気温が急激に上昇するにつれて、冷房で涼む人が増えています。

消防庁によると、先週、全国で1,337人が熱中症で入院した。

梅雨明けが異常に早いかも

二週間予報 関東甲信気象庁によると、来週いっぱい晴れて気温が高くなり、今年は例年になく早く梅雨が明けるという予報が出ています。

通常、梅雨は 6 月上旬に始まり、本土では 7 月中旬まで続きます。 関東甲信地方で初めて梅雨明けが記録されたのは2018年6月29日でした。

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。