3D プリンター電動モーター | プレスポータル

ツアーメディア

文書

プレスリリース

3D プリンターの電気モーター

  • Additive Drives GmbH、ドレスデン: 2022 年ドイツ創業者賞のスタートアップ部門にノミネート
  • 電気モーターと 3D プリンティングの専門知識を組み合わせることで、自動車業界が製品を改善するのに役立ちます
  • ドイツの創設者賞: 2022 年 9 月 13 日にベルリンの ZDF 資本ワークショップで授与されました

メディア関係者への招待: 2022 年 9 月 13 日の ZDF キャピタル スタジオから、ドイツ ファウンダーズ アワードのプレゼンテーションの場所をレポートしますか? 2022 年 8 月 30 日までにオンラインで認定を受ける tmdl.de/dgp22.

モビリティは世界中でますます電動化されており、付加的なドライブが最前線にあります。 電気モーターの専門知識とそれらを 3D プリントする能力を組み合わせることで、ドレスデンに本拠を置く会社は、世界の自動車産業のニーズの問題を解決しただけでなく、国際的なメーカーが製品を改善するのを支援しています. このため、German Founder’s Award の専門審査員は、スタートアップ 2022 カテゴリに会社をノミネートしました。候補者は、「クライマー」および「スタートアップ」カテゴリの 3 つのファイナリストのどれが授賞式で切望されたトロフィーを獲得するかを調べます。 2022 年 9 月 13 日にベルリンの ZDF キャピタル スタジオで授賞式が行われます。

この組み合わせは彼らをユニークなものにし、すでに設立 2 年目であり、すべての主要なドイツの自動車メーカーに加えて、彼らの顧客には米国のフォードと日本のトヨタも含まれているほどの成功を収めています。自動車工学の専門家であるヤコブ・ユング博士 (38) とフィリップ・アーノルド (28)、そして 3D 印刷の専門家であるアクセル・ヘルム (34) とラッセ・バーリング (28) は、特に自動車産業が持つ知識の組み合わせと製造プロセスを作成しました。ニーズ。 また、電気モーター部品を銅とアルミニウムから印刷する技術は、まだ 3 年と非常に若いものです。

アディティブ ドライブは、電気モーターを組み立てる通電部品の印刷に重点を置いています。 しかし、それは印刷だけではなく、ドレスデン人自身によって開発されたシステムと技術に関するものです。そのため、最終的にエンジンが非常に強力になり、出力が 45% 増加します . これは、アディティブ ドライブの開発者の優れたノウハウに加えて、3D プリント技術そのものによるものでもあります。 電気モーターの従来の方法では銅をワイヤー状にしか処理できませんでしたが、印刷技術はまったく新しい、より効率的な幾何学的形状を可能にします。

以前は、トラムなどの電気モーターに必要なスペースは、モーターをボンネットの下または小さなトランクに収める必要がある今日ほど大きくはありませんでした。 ユング博士: 「新しいモビリティのためには、電気推進を完全に再発明する必要がありました。」 「この開発はお客様と協力して行われます。当社の知的財産と特許は、設計と開発の分野にもあります。主に新しいタイプのエンジン設計に関する知的財産権を保有しています。個々のコンポーネントが組み合わされているため、お客様と一緒にまったく新しい電気モーターを開発しています。」

Additive Drives はまだ 2 年も経っていませんが、昨年すでに 160 万ユーロの売上高を達成しており、そのうち 360 万ユーロが今年度に予定されています。 これは確かに、VDI や自動車業界の有力メディアが、創業 2 日目 (!) に若い会社にレポートを提供した「後押し」によるものです。 「ほとんどの顧客は当時私たちを知っていて、連絡をくれました。 それは本当に幸運でした」とフィリップ・アーノルドは今日まで喜んでいます。 「私たちは見本市に行ったことがありません。 値段が高す​​ぎたか、物が足りなかったのか、それともコロナだったのか。 一部のアジアのお客様と直接会ったことはまだありません。

Additive Drives の顧客は主に自動車産業ですが、エンジン メーカーであり顧客である Rolls Royce は現在、航空産業にも門戸を開いています。 ユング博士: 「モビリティと電気モーターの開発に関する問題は、非常に複雑で時間がかかります。 私たちは、これらすべてのプロセスを簡素化するために取り組んでいます。 3D プリンターからのモーターの注文は、Amazon で 1 クリックで購入するのと同じくらい簡単です。 Amazon – ちなみに、Additive Drives の顧客でもあります…

のファイナリスト スタートアップのカテゴリービジネスアイデアを確立し、市場で特に成功している創業 1 年から 3 年の企業は次のとおりです。

  • Additive Drives GmbH、ドレスデン: モビリティは世界でますます電気化されています。 電気モーターに関する専門知識とそれらを 3D プリントする能力を組み合わせることで、Additive Drives は世界の自動車産業が必要としている問題を解決しただけでなく、メーカーが製品を改善するのを支援しています。 すべての主要なドイツの自動車ブランドに加えて、フォード (米国) とトヨタ (日本) はすでに顧客の中に含まれています。 次のステップ: 航空産業。
  • Aleph Alpha GmbH、ハイデルベルク: 他の人工知能 (AI) モデルとは異なり、Aleph Alpha の「Luminous」は、テキストと画像コンテンツ間の論理的なつながりを理解します。 AI によって定式化された応答は、正確、高速、透過的であるだけでなく、言語的にも人間指向です。 Aleph Alpha は、この「新世代 AI」を探求する最初のヨーロッパ企業になることを目指しています。
  • Traceless Materials GmbH、ハンブルク: シート、カバー、カトラリー : 将来的に、これらすべての製品のプラスチック成分は、「痕跡のない」有機ペレットに置き換えられます。生態バランス。 Traceless は生物学的な夢を実現します。すでに生物学的な廃棄物が環境に配慮した方法で処理され、問題のある製品に取って代わられます。

カテゴリ内 登山者 設立から 9 年以内で、すでに並外れた成長を遂げている企業に報酬が与えられます。 今年の候補者は次のとおりです。

  • Appinio GmbH、ハンブルク:「世界最速の市場調査」が業界をひっくり返した。 Appinio では、平均して、数日または数週間ではなく、「現場」での調査、つまり回答者との調査に数分しかかからず、結果を入手できます。 まったく新しい方法論、ソーシャル メディアの仕組み、そして十分な楽しみを備えた Appinio は、回答者がより正直に回答するため、より良いデータをより迅速に取得できます。
  • osapiens Services GmbH、マンハイム: サプライ チェーン全体の透明性、予測可能性、および信頼 – B2B ソフトウェア ソリューションにより、osapiens は、製品の偽造、著作権侵害、および密輸から消費者とグローバル ビジネスを保護するだけでなく、より持続可能なサプライ チェーンのためのデジタル基盤も提供します。 立法者などによる外部要件は、AI によって自動化およびサポートされるため、実装がはるかに簡単になります。
  • Schuettflix GmbH、ギュータースロー: Schüttflix は、ばら積み貨物、輸送、および廃棄に適用することで、建設業界の近代化を目指しています。 砂利・砕石・砂の注文から配送まで、スマホでネット注文するのと同じくらいカンタン。 また、空運転が減り、エコロジーバランスが向上します。 Schüttflix は、何十年にもわたって建設業界を悩ませてきた問題に終止符を打ち、「建設中」の作業方法を変えようとしています。

すべてのファイナリストは、ポルシェ コンサルティングからそれぞれのニーズに合わせた個別のアドバイスを受けます。 さらに、Deutscher Gründerpreis の理事会メンバーは、2 年間にわたって各ファイナリストを後援し、彼らのノウハウと経験を利用できるようにします。 また、企業は ZDF からメディア トレーニングを受け、Deutscher Gründerpreis ネットワークにアクセスできます。

これらの企業は、約 300 人のドイツ創業者賞の専門家によってノミネートされました。 彼らは、有名な企業、テクノロジーセンター、省庁、スタートアップイニシアチブ、貯蓄銀行の金融グループから来ています。 専門家は、ビジネスの立ち上げに長年の経験があり、業界に関する非常に優れた知識を持っています。 連邦経済・気候保護省は、ドイツ創設者賞を支援しています。

ファイナリストの詳細な会社概要と詳細情報は、次のインターネットで入手できます。 www.deutscher-gruenderpreis.de.

[22336098]
Über den Deutschen Gründerpreis:
Der Deutsche Gründerpreis ist die bedeutendste Auszeichnung für herausragende Unternehmer:innen und einer der renommiertesten Wirtschaftspreise in Deutschland. Er wird 2022 bereits zum 20. Mal vergeben. Ziel der Initiative ist es, erfolgreiche Gründer:innen und ihre Unternehmen sichtbar zu machen und durch die vielfältige Unterstützung noch erfolgreicher. Der Preis wird jährlich in den Kategorien Schüler, StartUp, Aufsteiger und Lebenswerk verliehen. Außergewöhnliche Unternehmerleistungen können mit einem Sonderpreis gewürdigt werden. Ausgelobt wird der Deutsche Gründerpreis von den Partnern stern, Sparkassen, ZDF und Porsche, die sich bereits seit 1997 für die Förderung des Unternehmertums und der Gründungskultur engagieren. Der Deutsche Gründerpreis wird durch ein hochkarätiges Kuratorium unterstützt, das Patenschaften für die Finalistinnen und Finalisten und Preisträger:innen übernimmt. Förderer des Deutschen Gründerpreises sind die Bertelsmann SE & Co. KGaA, die Gruner + Jahr GmbH, die Süddeutsche Zeitung und die Versicherungen der Sparkassen. Kooperationspartner ist das Bundesministerium für Wirtschaft und Klimaschutz.
Internet & Social Media:
deutscher-gruenderpreis.de
twitter.com/Gruenderpreis
facebook.com/DGP.DeutscherGruenderpreis

写真のアップロード: tmdl.de/DGPfoto

Pressekontakt: Stephan Bauer | tower media GmbH
06202 – 2797-170 |  dgp22@tower-media.de
Weiteres Material zum Download

Dokument:  PM_Additive_Drives_D~2-F1_A22336098.docx

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。