2022 年 8 月 14 日午後 7 時 27 分、Nordhauser Frank Pelny が空手世界選手権で 3 位に入賞しました。

8月1日から9日まで沖縄/日本で開催された「2.沖縄空手ワールドトーナメント2022」は、日本の沖縄への米国の返還50周年を記念して開催されました.Nordhauser Frank Pelny、ヘッドコーチの空手-ド・クワイ・ノードハウゼンは、空手の本国で開催されたこの世界選手権で銅メダルを獲得しました…



フランク・ペルニーは琉球古武道で六段を取得し、連子の称号を受けました。 鉄心館連盟で外国人がこれほどの高名を授与されたのは初めてのことでした。 (写真:F.ペルニー)

コロナ禍による渡航準備の困難、航空会社の問題、入国規制の厳格化、ウクライナでの戦争などを経て、フランク・ペルニー率いる4人のアスリートがついに沖縄に到着した。

幸せでリラックスした休日を過ごすための最高の願いを込めて、家に帰った家族や友人に別れを告げましたが、現実は非常に異なっていました. 到着当日、師匠の玉寄英美さん(十段、琉球古武道鉄心館協会会長、沖縄県古武道連盟副会長)から最初の面談を依頼され、それから2時間以上に及んだ。

2日目の朝、7時30分に浜辺で最初のトレーニングが始まりました。 そして、寝坊や時差ぼけはレジェンドのはずなので(笑)、世界選手権に向けて冷静になれるようにと、玉寄師匠も訓練試験を終了させて​​くれました。 テストは滑らかな体育館の床ではなく、32 度の湿った砂浜で行われたため、このタスクを解決するのは簡単ではありませんでした。 最後に、ドイツのフランク・ペルニーとセバスチャン・エーデルマン、カナダのダン・アントンセンは、疲れ果てながらも幸せな気持ちで琉球古武道の六段を通過し、それぞれ連子の称号を授与されました。 鉄心館連盟で外国人がこれほどの高名を授与されたのは初めてのことでした。 良いスタートと並外れた栄誉!

さらに 2 日間のビーチでの朝のトレーニングの後、世界選手権は 8 月 4 日木曜日に予選ラウンドの敗退で始まりました。 この世界大会には、24カ国から合計1,700人が参加しました。 ドイツからここに来たスターターは、私たちを含めて4人だけでした。 最終的に、Frank Pelny (Nordhausen) が Bô (Langstock) Seniors 部門で 1 位になり、Stefanie Dahlke (Erfurt) が Sai Adult II 部門で、Sebastian Edelmann (Nordhausen) も Sai Adult 部門で 3 位になりました。 カテゴリー II スターターの 3 名が世界選手権への出場権を獲得しました。

週末 (8 月 6 ~ 7 日) には、ベスト 16 とベスト 8 の予選が行われました。 いよいよ準決勝と決勝。
木曜日と金曜日の予選からの海外と日本本土の予選に加えて、5月にすでに予選を終え、準決勝にシードされた沖縄からの4人のスターターがいた. . つまり、対戦相手のほとんどが沖縄出身の日本人でした。 たとえば、最終的なシニアボー部門の世界チャンピオンである一色秀忠は、沖縄出身の8段でした.

日曜日の夜の授賞式で、スターターは特別な沖縄ガラスのメダルを 3 つ受け取りました。
世界チャンピオン – Stefanie Dahlke (GER / Chikara Club Erfurt) サイ アダルト II ビッチ
3位 – セバスチャン・エデルマン。 (GER/KDK Nordhausen) サイ成体Ⅱオス
3位 – Frank Pelny (GER / KDK Nordhausen) シニア男子ボー

8月8日(月)、沖縄のマスターと一緒に様々なセミナーに参加する機会がありました。 もちろん、ソースから直接学べるこの特別な機会を逃すことはなく、興味深い情報を得ることができました。 セミナーには 450 人の参加者が集まりました。

いつものように、今回のワールドカップも完璧に組織されました。 主催者は沖縄県でした。 沖縄のコロナ数が極端に多い(発生数6,000)にも関わらず、大きなイベントが開催されました。

参加者の毎日の温度測定とコロナ検査、アクセス制御、必須のマスクなどにより、関係者全員の高レベルの安全が確保されました。

水曜日に帰路につく前に、もちろん火曜日の朝にビーチで別のトレーニングセッションがありました. 今年の沖縄は例年になく雨が多かったので、練習中は雨が降ってびっくりすることが多かったので、車橋の下で練習を続けました。 沖縄の師匠は「毎日空手を修行する者を空手家と呼べる」と言っています。 私たちは確かにこの要件を満たしています。

これらすべての活動に加えて、驚くべきことに観光やショッピングの時間もまだありました。

特別な条件と特別な結果をもたらす特別な旅は、2022年の沖縄への旅を忘れられないものにします。

ノルトハウゼン クラブには、子供用、大人用のさまざまなトレーニング グループと、年齢に応じて分類された高齢者用の別のグループがあります。 古武道(武器空手)とSaCOの護身術は14歳以上である必要があります。 空手エアロビクスは女性に大人気で、体力づくりにも最適です。 気功運動グループもあります。 小さなお子様 (4 ~ 7 歳) は、忍者キッズ グループで発達に適した方法でスポーツを紹介されます。 格闘技に必ずしも興味がない人は、ベーシック フィット グループが適しています。
インターネットの www.karate-nordhausen.de で情報を入手するか、NDH 60 47 36 に電話するか、トレーニング時間中にミュンツガッセのフンボルト体育館にある Spendekirchhof スポーツ ホールに立ち寄ってください。

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。