2022 ワールド カップ: 「ワン ラブ」包帯のペナルティは、サッカーのニュースを除外しなかった

マヌエル ノイアーの「ワン ラブ」キャプテンの腕章は、依然として世界サッカー協会 FIFA の規則に準拠しておらず、ペナルティにつながる可能性があります。

日曜日に行われた UEFA 欧州サッカー連合の作業部会と FIFA 事務総長ファトマ サモウラとの会合では、合意に達しませんでした。 DFBのベルント・ノイエンドルフ会長は試合後、「腕章が足りなくなるので、がんばろうと言った」と語った。 ZDFインタビュー.

skysport.deの2022年ワールドカップに関するすべて:

そのため、合意はありませんでした。 ノイエンドルフ氏は、「私たちはこの包帯を着用したいと前もってFIFAに伝えていましたが、FIFAは反応しませんでした.

ワールドカップ 2022: ドイツ代表チームはいつプレーしますか?

  • グループ: グループ E
  • グループ対戦相手:日本、スペイン、コスタリカ
  • 第 1 試合: ドイツ – 日本 (キックオフ: 2022 年 11 月 23 日、午後 2:00)
  • 第2試合:スペイン対ドイツ(キックオフ:2022年11月27日午後8時)
  • 第3試合:コスタリカ対ドイツ(キックオフ:2022年12月1日午後8時)
  • ラウンド 16 の可能性: ベルギー、カナダ、モロッコ、クロアチア

ノイアーは開幕戦で包帯を巻く

FIFA は、金曜日に新しいキャプテンの腕章をメッセージで発表しただけです。 しかし、ドイツサッカー協会やその他のヨーロッパの主要国は、9月に発表されたマルチカラーのヘッドバンドを使い続け、必要に応じてペナルティを受け入れる. ドイツ代表のゴールキーパー、ノイアーは土曜日、水曜日のワールドカップ開幕戦の日本戦で、ペナルティの可能性に関係なく、キャプテンの腕章を着用すると述べた.

ワールドカップ 2022: ドイツ代表チームに関するワールドカップの事実

  • グループ: グループ E
  • グループ対戦相手:日本、スペイン、コスタリカ
  • 監督:ハンジ・フリック
  • キャプテン:マヌエル・ノイアー
  • ワールドカップ出場:19回
  • 世界タイトル: 4 (1954、1974、1990、2014)
  • 前回のワールドカップランキング: 予選ラウンド (2018)
  • ワールドカップ戦績:67勝20分22敗
  • ワールドカップ得点王: ミロスラフ クローゼ (ワールドカップで 16 ゴール)
  • ワールドカップ記録保持者:ローター・マテウス(ワールドカップ25試合)

9月、DFBは、イングランドやオランダなどの他の国とともに、ワールドカップで、平等と表現の自由の象徴である多色のキャプテンの腕章を着用すると発表した. ワールドカップの開催国であるカタールは、とりわけ人権基準を無視していると批判されています。

dpa

スポーツ界からの他のすべての重要なニュースは、 ニュース更新 読んだ。

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です