開国後も訪日外国人観光客は減少

日本への外国人観光客の数は、アジアの国が 2 年以上ぶりに外国人観光客の入国を再開したにもかかわらず、5 月から 6 月に減少しました。

によると JNTOデータ 6 月の到着者数は 120,400 人で、5 月 (147,000 人) より 26,600 人減少しました。 6月10日、日本は観光目的の海外からの入国を再び許可し、入国制限を1日あたり2万人に引き上げました。

ツアーグループは人気のある旅行オプションではないようです

しかし、日本はこれまでのところ団体旅行のみの入国を許可しており、個人旅行は依然として除外されています。 現在のデータに基づくと、特に厳格な規則を考えると、これは好ましい交通手段ではないようです。

ルールには、マスクの着用、体温のチェック、観光客がどこに行ったかを正確に記録することが含まれます。

6月に日本に入国する外国人観光客の数も、3月に学生とビジネス旅行者に国境が再開された後、日本が1日の入国制限をすでに引き上げていた4月よりもはるかに少なくなっています.

観光産業の景気回復期待は崩れた

パンデミックが発生する前、日本は観光ブームを経験していました。 2019年の海外から日本への渡航者数は3,188万人で、7年連続で過去最高を記録しました。 2020 年には、その数は 4,000 万人に増加すると予想されています。

しかし、パンデミックが始まると、国はすぐに国境を閉鎖し、観光客の入国を禁止しました。

実際、日本政府と観光産業は、国境が開かれた後、多くの外国人が日本に再入国することを望んでいましたが、数字はこの希望が実現されていないことを示しています.

規則と大きな手間により、多くの旅行会社は要件を満たすリソースを持っていないため、現時点では日本ツアーを提供していません.

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。