里見加奈が日本初のプロ棋士になる可能性

日本の将棋界は男性優位。 国内トップの将棋プレーヤーである里見加奈は、現在、プロの将棋のトップに到達する最初の女性になろうとしています。

30歳の里見選手が日本人選手として初めてプロ移籍試験(プロ移籍試験)に合格する。 所属する日本将棋連盟関西支部が6月28日に正式に発表した。 合格すれば、日本初のプロ棋士として認められる。

男女別の大会

30代のこれまでの功績も注目に値する。 女子は女子のみ、男子は男子のみと対戦します。

通常、主要な公式大会には男性のみが参加します。 女性の参加は禁止されていませんが、これは前例のないことです。

一方、里見は最近、やはり男性が支配的な公式トーナメントで10勝4敗の強力なパフォーマーであると自称した.

転籍賛成審査

Pro Transfer 試験の資格を得るには、公式トーナメントで 10 回以上優勝し、勝率が 65% 以上である必要があります。

女性で初めての里見かな。 志望する将棋選手は声明の中で、サポーターとファンのすべてに感謝の意を表した.

さとみも出場する次回のベストオブファイブトーナメントは2ヶ月後に始まる。 そこで 3 勝すれば、テストに合格し、公式の「フリー クラス」プレーヤーとして分類されます。

このクラスのプレイヤーは、ランキングトーナメント以外のトーナメントにも参加できます。

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。