選挙勝利後、日本政府のトップは殺害された安倍の政策を継続したい

日本政府のトップは、選挙の勝利後に殺された安倍の政策を継続したい

ブリンケン米国務長官と岸田首相

©AFP

日本の参議院選挙で連立政権が明確な勝利を収めた後、岸田文夫首相は、暗殺された長年の安倍晋三首相の政策を継続すると発表した。 勝利は「日本を守り」、安倍首相の遺産を果たすチャンスである、と岸田氏は月曜日に語った。 一方、選挙運動中に殺害された長年の首相の友人や親戚は、彼のために通夜を行った.

月曜日に発表された最終結果によると、安倍首相が所属していた自由民主党(LDP)と彼の連立パートナーである公明党は、日曜日の衆議院での投票で獲得した125議席のうち76議席を獲得した. これは、参議院の 248 議席のうち 146 議席が、現在、PLD と公明党によって保持されていることを意味します。

一定の点で提携が可能な他の 2 つの政党があれば、連立は参院で 3 分の 2 の過半数を占めることさえあります。 この「圧倒的多数」により、安倍首相が長年戦ってきた憲法の平和主義転換を進めることができるようになった。 岸田氏は「具体的な改革案について議会での議論を深める」と表明した。

選挙は、最後まで大きな影響力を持っていた元政府首長の暴力的な死に影を落としました。 安倍首相は、金曜日に西日本の奈良市で自民党の仲間を代表して選挙運動をしていたとき、射殺された. 数時間後、67 歳の男性は病院で死亡が確認された。 41 歳の失業者による暴力行為は、国内外で恐怖を引き起こしました。

現在アジアにいるアントニー・ブリンケン米国務長官は、月曜日に日本を弔意訪問した。 岸田首相との会談後、彼は安倍首相を「ビジョンとそのビジョンを実行する能力を持った男」と称賛した。 彼は、ジョー・バイデン米国大統領から安倍首相の家族へのお悔やみの手紙を岸田に手渡した。

一方、ジャネット・イエレン米財務長官を含む政界や財界の親族や友人が東京の増上寺に集まり、故人を追悼した。 安倍首相は火曜日にそこに個人的に埋葬される. 追悼式は後日行う予定です。 メディアの報道によると、安倍首相は死後、日本で最高の勲章である菊花勲章の首輪を受章する予定です。

メディアの報道によると、暗殺者は尋問中に、安倍首相と関係のある宗教団体に対する憎しみから行動したと語った。 暗殺者の家族は、彼の母親がこのグループに寄付をしたため、財政難に陥っていました。

2012年に亡くなった韓国の創始者、サン・ミョン・ムーンの物議を醸している統一教会は、月曜日に母親のメンバーであることを確認した. 彼女は 1998 年に入会し、彼女が知る限り、2002 年に財政難に陥った、と「月派」の日本支部の代表である田中富宏氏は東京での記者会見で語った。

田中さんは「この一家が破産した経緯は分からない。 彼は調査中の母親の寄付に関する情報を提供しませんでした. しかし、田中氏は多額の寄付者を挙げた。 これらは任意であり、固定のクォータはありません。

AFP

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。