運動会: リューディガーは対戦相手をからかっていましたか? 日本戦のシーンはセンセーションを巻き起こした

運動会
リューディガーが相手を挑発した? 日本戦のシーンはセンセーションを巻き起こした

2022年ワールドカップ・カタール大会の開幕戦、ドイツ代表は意外にも日本戦に敗れた。 テレビの専門家であるディートマー・ハマンは、DFBチームを明確に批判し、ディフェンダーのアントニオ・リュディガーと対決した。 その理由は、アジアワールドカップの参加者に2対1で敗れたときのシーンでした. ドイツのスコアが 1-0 のとき、リュディガーは浅野琢磨とのランニング デュエルで反抗的に膝を上げた。 この行動はハマンにとってやり過ぎでした。 「それは、ドイツの試合におけるプロフェッショナリズムと傲慢さの欠如、そして超えることのできない敬意の欠如の兆候でした。 「彼は対戦相手をばかげているように見せたからです」と、元代表選手は「空」のコラムで明確な言葉を選びました。

しかし、これは本当にドイツ国防長官の傲慢さによるものだったのでしょうか? おそらくそうではありません。 リュディガーはこの夏、ゲームや自分のスポーツを軽視しすぎているとは一般に疑われていないが、Sport1 とのインタビューで次のように説明した。 「そのほうが速いと思うからやっている。面白いと思ったら一緒に笑いたい」

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です